2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« MJ関連商品はすべてソールドアウト! | トップページ | 6/30の走行距離 »

2009.06.30

真夏のオリオン

映画「真夏のオリオン」オリジナル・サウンドトラック 原作は終戦直前の実話をもとにした小説なのだが、映画は史実を離れて自由な形式で脚色。戦争の時代と現代を結ぶ架け橋として1枚の楽譜を持ち出してくるのはアイデアとして面白いが、このアイデアはもっと膨らましてほしかった。これじゃ楽譜である必然性がないじゃないか。日本とアメリカ双方の艦長を結びつけたのは「イタリア語の詩」であって、音楽はまるで置き去りにされている。音楽こそ言葉を越えた万国共通の言語だろうに。でもここで音楽を持ち出して敵と味方が結ばれたりすると、『ビルマの竪琴』の「埴生の宿」みたいではあるね。結局この映画は過去のいろいろな戦争映画の寄せ集めで、独自の新しさというものがあまり感じられないのが残念。出演している俳優も演出している監督も一所懸命なのはわかるけど、脚本自体に工夫がないんだよな。原作を離れて自由な脚色をした割には、映画的な驚きを感じさせるシーンがほとんどなかった。

公式サイト

03:40 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/45503633

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏のオリオン:

コメント

コメントを書く