2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 6/17の走行距離 | トップページ | ポータブルHDDを注文 »

2009.06.18

ディスク修復の結果

ディスクウォーリア 4.1 外付けHDDの復旧作業だが、Data Rescue 2で必要なファイルをあらかた救出した後、ディスクウォーリアでディスクを修復しようとしたのだが、これがうまく行かなかった。一瞬だけデスクトップにHDDのイメージがマウントできたのだが、ディスクウォーリアを閉じるとこれが消えてしまい、その後ディスクウォーリアを再起動させても、再度ディスクを修復しても二度とディスクのマウントはできない。(ファイルの救出は済んでいることもあり)諦めてディスクのフォーマットをしようとApple純正のディスクユーティリティでパーティションを作り直そうとしたら、今度はこれもエラーが出て手も足も出ない状態。困っちゃったけどどうしようもない。

 MacOSX 10.5.7と使用しているHDDの相性問題というものもあるようで(でも先週まではちゃんと使えてたんだけどね)、ひょっとしたらOSが次のバージョンになるとまた復活できたりするのかも。いずれにせよ、現時点では電源を入れておくだけ電気代の無駄という、無用の長物となりました。500GBのHDDは昇天永眠(あるいは休眠)でございます。MacBookからはずしてビニル袋にでも入れて、引き出しの奥にでも仕舞っておくことにします。

 というわけで今回の教訓を生かし、データ保管用の外付けHDDとバックアップ(Time Macine)用のHDDを分けることにした。滅多にないけどMacBookを持って外出することも考え、外付けHDDとしてポータブル型を新たに買おうと決意。予算はBUFFALOのHDDをMacOSX 10.5.7に対応させるための有償修理費7,350円以内だ。

05:40 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/45374847

この記事へのトラックバック一覧です: ディスク修復の結果:

コメント

コメントを書く