2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 吉田の火祭り | トップページ | 輪行袋を注文 »

2009.08.27

酒井法子のニュースに食傷気味

酒井法子 Best Selection 連日のように覚醒剤所持と使用の容疑で逮捕された酒井法子のニュースが報じられているけど、このニュースに本当に興味がある視聴者ってどのくらいいるんだろうか? 少なくとも僕はもう興味ないし、僕の周囲(ごく近い数人だけど)に聞いた範囲でも「興味ない」という意見がほとんどだ。酒井法子は芸能活動歴が長いし、音楽活動だけでなく、ドラマやバラエティ、商品のプロデュースまで、タレントとしてかなり幅広く活動していた。だからマスコミ業界の中には、彼女と直接仕事をしたことがあったり、直接仕事をしたことがある人を知っている人がものすごく多いはずなのだ。つまりマスコミ人にとって、酒井法子は「仕事仲間」であり「身内」のひとりだった。身内が犯罪を犯して逮捕されたなら、そりゃその後の捜査状況にも興味がわくだろう。でも一般視聴者にとってはどうなの? 連日連夜、警察での取り調べ状況を刻一刻と報じられねばならないほどの重大ニュースなのか?

 酒井法子が覚醒剤をやっていた、しかも夫婦揃ってやっていたというニュースには日本中がたまげた。ビックリした。しかし今の状況では、もう一般国民の関心は彼女が裁判で実刑判決を受けるか否かなど、ずっと未来の方に関心が移っているんじゃないだろうか。逮捕、起訴、裁判の開始、判決など、事件のその推移については節目節目でそれなりの報道があってもいいとは思う。でも今のように、取調室で何を話しているだの、過去にどんなことがあったかなど、家族構成から生い立ちまで含めてあれこれ根掘り葉掘り報道することに、ほとんどの人は興味がないと思うんだけどな。

03:18 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/46043845

この記事へのトラックバック一覧です: 酒井法子のニュースに食傷気味:

コメント

コメントを書く