2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2009年4月12日 - 2009年4月18日 | トップページ | 2009年4月26日 - 2009年5月2日 »

2009.04.25

4/25の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
3812歩
1.8エクササイズ

11:36 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.04.24

4/24の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:28'04
走行距離 20.35km
平均時速 13.8km/h
最高時速 32.8km/h
積算距離 1078.3km

■歩数計
8429歩
2.9エクササイズ

11:34 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

嗚呼 満蒙開拓団

 多くの中国残留孤児を生み出した満蒙開拓団。彼らはなぜ中国に送り込まれ、なぜ中国に取り残されねばならなかったのか。その実態を多くの生存者たちの証言で綴ったドキュメンタリー映画。満蒙開拓団は「戦前」に中国に渡ったと思っていたのだが、この映画によれば移民は終戦直前まで続けられ、終戦の1・2ヵ月前に現地に到着したという人たちすらいる。満州からの引き揚げについてはさまざまな映画やドラマでも取り上げられているが、生の証言の迫力には言葉を失う。この映画を作った羽田澄子監督も、戦後に大連から引き揚げてきたという。

岩波ホール
自由工房

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

山形スクリーム

 竹中直人監督の新作。本人も出演。源氏との戦いに敗れて山形まで逃れた平家の武将が、落武者狩りであえなく絶命。自分を殺した住民たちを呪って、800年以上の時を越えた現代に亡者として甦る。山間の小さな村は亡者たちの登場で阿鼻叫喚の地獄絵図。この事件にたまたまこの地を訪れていた女子高生グループが巻き込まれて……というホラー・コメディ。『ゾンビ』あり、『マーズ・アタック』あり、『ハムナプトラ』ありで、竹中監督の映画の趣味がふんだんに盛り込まれている感じ。映画の前に竹中監督の挨拶があり、映画の最後にはお土産までもらってしまった。だだちゃ豆入り六穀雑穀と無洗米1合。家に帰って早速頂きました。おいしかったです。ごちそうさま。

 あ、映画も楽しかったです。食い物の話が先になって失礼しちゃいますね。明るく楽しい映画で、大いに笑わせていただきました。

公式サイト

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2009.04.23

4/23の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:22'04
走行距離 4.53km
平均時速 12.3km/h
最高時速 24.6km/h
積算距離 1057.9km

■歩数計
4063歩
1.5エクササイズ

11:31 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

伊東屋のメルシー券の使い道

ラミー ノト LAMY Noto ブラック ボールペン 伊東屋のメルシー券が廃止になった。まだ1年ぐらいは使えるみたいだけど、引き出しを見たら1,700円分ぐらいの券がたまっていたので、何かちょっとしたものを買おうと思う。現在の候補はラミーの油性ボールペン・ノト。定価1,470円だから券が余っちゃうけど、まあそれはそれ。以前から気になっているペンだったので、こんな機会に買ってしまおうか……。

05:10 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

草なぎ剛は脱ぎ上戸だった!

 脱ぐと笑い出すヤツとか(笑い上戸)とか泣き出すヤツ(泣き上戸)がいるように、服を脱いで素っ裸になりたがるヤツというのがいる。「脱ぎ上戸」とでも言うのかね。この手の人は昔は飲み会をやると必ずひとりやふたりはいたそうで、僕が昔会社に勤めていたときは「○○さんと××さんが飲んだ後に裸で公園の噴水に飛び込んだ」だの、「昨日の飲み会で△△がチンポコでタケコプターをやった」だの、「飲んでる他のメンバーにチンチンでチョンマゲを結って歩いた」だの、くだらない話をたくさん聞かされたものですな。(ただし僕はその現場に遭遇したことはない。)こういうものは、昔は飲み会での武勇伝として笑いと共に語られていたわけだけど、さすがに芸能人がそれをやって警察沙汰にまでなると、笑って済ませられる武勇伝では終わらなくなっちゃうみたいだね。

 僕は朝一番にテレビの速報で見てびっくりしたんだけど、痴漢や暴行などの「強制わいせつ」ではなく「公然わいせつ」だった時点で、「どうせ酔っぱらって裸にでもなったんだろう」と思った。まさにどんぴしゃり。確かに思慮の足りない不謹慎で迷惑な話ではあるけれど、草なぎ君の意外な豪傑ぶりに心の内で喝采を叫ぶオジサンたちは多いかもね。しばらく謹慎で芸能活動は休止するでしょうけど、草なぎ君にとっては「穏やかでいい人」というこれまで固定化したイメージを打ち破るいいチャンスかもしれない。

 イギリス出身でハリウッドでも活躍するヒュー・グラントは、公然わいせつで捕まってから二枚目の役ばかりでなく二枚目半の役や憎まれ役などに役柄を広げて成功しているではないか。草なぎ君の不祥事はヒュー・グラントのようなセックス・スキャンダルじゃないし(裸にはなってたけどね)、これをむしろ奇貨として俳優としてもう一段のステップアップを望む。

 少し心配なことがあるとすれば、草なぎ君が逮捕されたとき、公園でひとりで騒いでいたと報道されていること。大勢いる中で脱いじゃうのはある種のサービス精神の現れで基本的には「陽気なお酒」だと思うんだけど、人気のない夜の公園でひとりで脱ぎ出すというのはどうなんだろう? たまっていたストレスが爆発したとかいう話になると、これはむしろ「嫌なお酒」だね。

03:18 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.04.22

4/22の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 1:08'33
走行距離 16.13km
平均時速 14.1km/h
最高時速 34.5km/h
積算距離 1053.4km

■歩数計
9898歩
3.5エクササイズ

11:27 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

スティル・アライヴ

 1996年に亡くなったクシシュトフ・キェシロフスキ監督の特集上映「キェシロフスキ・プリズム」が、6月20日から渋谷のユーロスペースで開催される。本作はそれにあわせて公開される、キェシロフスキ監督についてのドキュメンタリー映画。監督の生い立ちや学生生活、初期のドキュメンタリー時代、劇映画への移行、『デカローグ』、『ふたりのベロニカ』、『トリコロール』への歩みをコンパクトにまとめている。日本未公開の初期作品が数多く引用されているのは貴重。その多くは、今回の特集上映で劇場公開される。権利問題があってDVD化が難しいとのことなので(DVDにしても商売になりそうもないけど)、興味のある人はこの機会にどうぞ。

公式サイト

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.04.21

4/21の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
3226歩
1.5エクササイズ

11:21 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.04.20

4/20の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:19'24
走行距離 3.87km
平均時速 12.0km/h
最高時速 20.1km/h
積算距離 1037.3km

■歩数計
2235歩
0.7エクササイズ

11:16 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.04.19

4/19の走行距離

 自転車なし。

■歩数計
13081歩
5.5エクササイズ

11:44 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック