2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009.01.31

1/31の走行距離

 雨のため自転車は利用せず。

■歩数計
8789歩
4.1エクササイズ

 1万歩には届かなかったものの、最近にしてはまずまずの歩数になった。

11:54 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

MDダイアリーの使い勝手

ミドリ MDノート ダイアリー【新書】<2008年12月から2010年1月対応> 28392006 今年から登場したMDノートのダイアリーだが、僕は新書サイズのものを昨年12月中旬から日記帳として利用している。見開きを1週間に使って、まずは月曜日にその週の日付と曜日をボールペンで書き込んでしまい、毎日夜か翌日には1日の要点だけを書いておくというスタイル。必ず書くのは、その日の日付、見出しになるようなその日一番のトピック、自転車での走行距離、歩数計の歩数、必要経費に算入できそうな出費のリストのみ。あとは出来事を箇条書きで書く。習慣になってしまうと、これはこれでシンプルでいいなぁという感じ。

 ただしダイアリーとしてのセールスポイントだったはずのカレンダー部分には、ほとんど何も書いてない。最初はちょっと書いてみた。でもすぐに書かなくなった。現時点ではこれを、どう使えばいいのかよくわからない。スケジューラ(手帳)として使う人には必要な機能だろうけど、日記帳としては不要な部分かもしれない。

 そんなわけで、とりあえず今年1年このダイアリーを使って日記を付けたら、来年は通常の横罫ノートに乗り換えるかもしれません。なんだかそうなる気配が濃厚。横罫ノートは見開きを8等分せず4等分のレイアウトになっているので、それをボールペンか何かで半分に仕切ってダイアリーと同じ見開き8等分にするか、日記の書き込みスペースを倍に増やして、2日で1ページを使うようにするかだな。

 ただし176ページで製本されているMDノートだと、2日で1ページだと365日使えない。見返しの糊づけ部分で最初と最後の1枚ずつは使用を避けるので、使用できるのは172ページ。これを1ページ2日のペースで使うと344日で使い切ってしまい、残り21日分の用紙が足りなくなるのだ。かといってダイアリーのように見開き1週間にすると、今度は大幅にページが余って1年半ぐらい使えることになる。(ダイアリーはこうしたページの余剰問題を解消するために、後ろの方に白紙のページを作っていたりする。)

 これを解消するには一般のビジネスダイアリーのように、平日を少し多めのスペースにして、土日はその半分のスペースにするという方法がある。MDノートの場合、平日は2分の1ページ、土日は4分の1ページのスペースを取ると、1週間でちょうど3ページ消費することになり、1年間で156ページと少しのペースとなる。多少のあまりは出るけれど、これは10見開きにも満たないので、現在のMDノートのダイアリーが白紙にしている量より少ない。

 この余ったページは週別・月別に自転車の走行距離や歩数の集計をしてみたり、経費の仕分けと計算に使ってもいいかもね。1か月分で1ページ使うと、いい具合に余ったページがなくなってくる。まあまだ来年の話なので実際にはどうなるかわからないけど、今のところはそんなことを考えてます。今はとりあえず、今年のダイアリーを使い切ることだな。日記は付け続ける習慣がなくなるとあっという間に白紙のページが続くようになってしまうので、そうなってしまっては元も子もない。

B001BMV0XCミドリ MDノート 新書サイズ【横罫】 13802
ミドリ

by G-Tools

09:49 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

自転車を輪行したい

自転車生活 18 (エイムック 1657) いろんな理由で年に何度か電車で遠出することがあるんだけど、その時、自転車を持って行けないのが不便。持っている折りたたみ自転車はMIYATAのクリックフォールディング・アクション1。これは駐輪のための設置面積を小さくして、室内保管を容易にするというコンセプトで作られたもののようで、車で運ぶことは可能かもしれないが、電車の中に持ち込むようなシロモノではない。(そもそも重たいんだよ。カタログ値で14.6kgもある。)そこで輪行するとなれば、GIANT OCR3の車輪を外して輪行バッグかなぁ……、と考えてる。そんなことを考えつつ本屋に行ったら、自転車生活 18がちょうど「楽しい“輪行”の旅」という特集だったので、渡りに船と早速購入。スポーツ車の輪行方法なども詳しく書かれていて参考になった。でも同時に、輪行しやすい折りたたみ車が欲しいなぁ、という気持ちもむくむくと大きくなる。

Tw872g

 走行性能としてはそれほど高性能なものを求めているわけではなく、現在買い物に使っている軽走車(サブナードスポーツ)や散歩用のクリックフォールディング・アクション1と同程度であれば十分。ただしこれらはどちらも変速機付きで、前者は外装6段変速、後者は内装3段変速。だから輪行する自転車も変速機付きがいい。重量が10kg前後で、それなりに品質の信頼性があって、値段は5万円以下かなぁ……などと考えていると、パナソニックのライトウィングあたりが気になってくる。この自転車は、以前から何となく「気になる」自転車ではあったんだけどね。

 でも現状僕の持っている自転車は既に3台あるので、この上新たに「輪行専用車」など買うのは不可能。旅行に出かけないときは(つまり1年のうち数日をのぞいて残りのすべて)、アクション1とポジションが被っちゃうからもったいない。アクション1を乗り潰したら、その次に輪行用の折りたたみ自転車を買うことになると思う。しかしアクション1も国産自転車メーカーの製品だから、そうそう簡単には乗り潰すようなことはできないだろうけどね。現状で一部パーツにサビが出たりはしてるけど、ガタ付きもなければ異音もない、じつに堅牢な自転車であります。

08:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.01.30

1/30の走行距離

 雨のため自転車は使わなかった。

■歩数計
10812歩
5.2エクササイズ

 久しぶりの1万歩。

11:50 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

聴くと元気の出るCD

Judy At Carnegie Hall: Fortieth Anniversary Edition そのCDを聴けば必ず元気をくれるとっておきのアーティスト、とっておきのCDということなら、ジュディ・ガーランドの「Judy At Carnegie Hall」で決まりだ。ヒット曲のさわりを散りばめたオープニングのオーバーチュアから始まって、輝かしいヒット曲を歌いまくる。この熱っぽさと、それに応える観客の息づかいまで聞こえてくるような奇跡のライブ盤。彼女がゆったりと「Over the Rainbow」を歌い始めるクライマックスは、聴いていて鳥肌が立つような高揚感。僕は大昔に買ったCDを持っているんだけど、こちらは40周年の記念盤ですね。2枚組、20数曲が収録されてこの値段はお買い得。ジュディ・ガーランドというと少女時代の『オズの魔法使』しか知らない人は、このライブCDを聴いて歌手ジュディ・ガーランドの実力に驚け!

コネタマ参加中: 聴くと気合が入る曲を教えて!

03:08 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ゆずポン酢

 ゆずポン酢は大手メーカーからも何種類か発売されているけれど、最近「これはスゴイ!」と思ったのは「馬路村ゆずポン酢醤油・ゆずの村」という商品。近所のスーパーでは他のポン酢に比べて一段と値段が高いんだけど、思い切って買ってみたらこれがすごくいい。ドレッシング代わりに野菜にかけて食べてもいいし、ギョウザ、おひたし、茹でた豚肉でしゃぶしゃぶ風にするなど、何でもイケます。個人的に今の時期お勧めなのは、大根サラダ。大根を丸ごと1本買ってきて、数センチ幅に筒切りにする。厚めに皮を剥き、スライサーで薄く切っていく。準備としてはこれだけ。こうして薄切りにした大根の上から、ポン酢をどばどばとかける。これがウンマイのだ。普通のポン酢でも旨いけど、ゆずポン酢だと香りがより食欲をそそる。

 この食べ方が、おそらくは生の大根を一度にもっとも大量に食べられる方法だと思う。一度にひとりで大根の半分ぐらいは軽くペロリと食べちゃう。大根はビタミンCも豊富だから、風邪の予防にもいいかもね。ほとんど水分で低カロリーだし、ポン酢をかけるならノンオイルだからダイエットにも最適。スライサーを使っていると、手に持っている部分の実がちょっと残りますけど、これは包丁でさらに薄く切ってサラダに混ぜちゃってもいいし、他の大根と混ぜて味噌汁の具にしてもいい。

 厚く切ってある大根の皮はさらに短冊に切ってから、ごま油でサッと炒めて、めんつゆで炒め煮にして強火で汁気を飛ばすときんぴらになる。大根1本で、サラダ、味噌汁、きんぴらができるわけで、これだけで、あとは白い炊きたてご飯があればOKじゃん。僕は味噌汁に、短冊に切った油揚げ、小さく切った豚コマ肉少々を入れて、簡単な豚汁風にして食べたりしてます。これもメチャメチャ美味いよ。

 ダイコンは今、1本いくらぐらいだ? 200円はしない。安売りなら100円ぐらいだ。じつにリーズナブル。ポン酢にちょっと贅沢しても罰は当たるまい。

コネタマ参加中: これをかけるだけで旨くなる

02:32 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.01.29

1/29の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:17'00
走行距離 4.20km
平均時速 14.8km/h
最高時速 25.5km/h

 疋田智の「自転車の安全鉄則」で「自転車は車道を左側通行する方が歩道を走るよりずっと安全」という記事を目にして、我が家のママチャリ、サブナードスポーツ号も今後は原則として車道通行に徹してみることにした。確かに車道の方が、前を遮るものがないだけ楽には走れる。チャイルドシート付きのママチャリだと、後ろから来る自動車もそれなりに配慮してくれるみたいで、あまり恐い思いをすることもないんだよね。まあ時速25km/hぐらいで突っ走っていることも多いので、場合によってはママチャリで原付やタクシーを追い抜いて行っちゃうわけだけど。

■歩数計
2664歩
0.9エクササイズ

 まるで歩いてないなぁ。ちょっとひどすぎる。

11:05 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

文化鍋のいろいろ

亀印 文化鍋20cm(5合) 文化鍋というとトオヤマの亀印文化鍋が定番ということで間違いないとは思うんだけど、じつは他にもいくつかのメーカーが文化鍋を名乗る炊飯用鍋を販売している。もとより文化鍋はトオヤマの発明品でも登録商標でもなく、かつて日本中の大小さまざまな鋳物メーカーが大量に作っていた炊飯鍋の一般名なのだ。鋳物の街として知られる埼玉県川口市の文化軽金属鋳造のHPには、『あの「文化鍋」も当社が発明した製品です』と書かれている。この会社はもともと関東軽金属器物鋳造株式会社という名前だったのを、昭和20年10月、文化鍋の実用新案特許取得を期に文化軽金属鋳造株式会社に改称したのだという。文化軽金属は現在、味わい鍋という厚手の調理用鍋が主力商品らしい。これはこれで興味があるんだけど、テフロン加工というのが僕の好みじゃないんだよな。テフロンはいかに頑丈でもいずれ剥げてくるので、一生ものの鍋にはなり得ない。

 僕が使っているのはトオヤマの亀印文化鍋20cm(五合炊き)と、五進の文化鍋16cm(二合炊き)だ。最初に買ったのは後者で、たまたま当時はネットでこれしか手に入らなかった。これはこれでよく考えられている鍋で、内部に炊飯量に応じた水加減の目盛りが付いているのが便利。フタのつまみに角が付いていて、レンジ台の横に置いてもふらふら転がったりしないのもいい。以前はこれで毎朝ご飯を炊いていたのだが、現在は味噌汁を作ったり、インスタントラーメンを茹でたりするのに使っている。少量のお粥を作るのにも便利。何だかんだで、今でも一番利用頻度の高い鍋だと思う。大きさが違うのでトオヤマの鍋とどちらが使いやすいかは一概に言えないんだけど、目盛りが付いているのはやっぱり水加減の目安になる。味噌汁を作るにしてもラーメンを茹でるにしても、目盛りがあるとすごく便利だ。(電気炊飯器の内釜にも目盛りが付いてるよね。)鍋のスタイリングとしては、トオヤマの方がスマートに見えるけどさ。

 
 ネットの中で他によく見かけるのは、北陸アルミ(ホクア)のDX文化鍋と文化ごはん鍋。後者はテフロン加工の文化鍋なので、炊いたご飯が鍋肌にこびりつかないのはメリットかもしれない。もっともタイマーでちゃんと時間を計って炊けば、文化鍋の場合ほとんどごはんが焦げ付くこともないし、鍋肌についたご飯粒も、水でふやかしてからナイロンタワシでこすれば簡単に落ちるんだけどね。むしろテフロン加工の鍋の場合、ナイロンタワシでごしごしこするということができないので、僕はかえって不便なような気がするけどな。でもまあこれは、使う人の好き好きでしょう。電気炊飯器の内釜はたいていテフロン加工だし、テフロン加工のアルミ鍋を僕も使ってたりするもんね。

 鍋のデザインとしてはホクアの文化ごはん鍋が一番モダンな感じかも。丸みを帯びた全体のデザインはDX文化鍋と共通なんだけど、鍋内側のテフロン加工の黒味が、鍋の取っ手やフタのつまみなどの樹脂製パーツとマッチして、これがアルミ地金の本体とのコントラストになっている。まあこれは写真を見ての印象だから、実物を見るとまた印象が違ってくるかもしれないけどね。

08:31 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ムスイ 釜炊き鍋 ごはん道楽

ムスイ 釜炊き鍋 ごはん道楽 3合炊き 【ごはん好きのために生まれた炊飯専用鍋】 文化鍋愛用者なのだが、総アルミ製の無水鍋もよさそうだなぁ……とネットで調べていると、無水鍋を作っているメーカーから総アルミ製の炊飯専用鍋が出ていることを知った。ムスイ 釜炊き鍋 ごはん道楽というのがその商品なんだけど、3合炊きだから家庭で1日1回必ずご飯を炊くという人向けかも。うちはまとめて5合以上炊いたご飯を個別に冷凍するので、3合炊きじゃまるで間に合わない。でもモノとしては良さげだな。羽釜風の丸っこいデザインに、フタも総アルミというのが金属チックでよい。でも使い勝手としては、ベークライトの取っ手とフタのつまみが付いた文化鍋の方が便利そうだな。鍋つかみなしでもフタを開け閉めできる。それにこの鍋は、やはり炊飯専用というのがちょっと気になる。文化鍋はごはんも炊ければ味噌汁も作れるという汎用性に良さがあって、まあそれはこのごはん道楽でも味噌汁ぐらいは作れるんだろうけど、そうなるとやはり取っ手がないのがねぇ……。

 土鍋での炊飯がちょっとブームになってたけど、僕は土鍋よりはアルミの文化鍋や無水鍋、あるいはこのごはん道楽の方が、「落としても割れたり欠けたりしない」という1点だけでも大きな優位性があると思うんだよね。炊飯専用の高級土鍋に1万円以上かけるなら、アルミのごはん道楽を選ぶという選択肢を考えていいかも。でも僕なら他の用途にも使える文化鍋でいいけどね。

 いずれにせよ、絶対に選択しに入ってこないのは直火炊き風の電気炊飯器だな。何万円も出して「直火炊き風」を買うぐらいなら、最初から文化鍋で直火で炊けばいいじゃん。まあ毎日何合もごはんを炊くとか、家によって事情はあると思うけど、文化鍋だって前の晩に水加減だけしておけば、翌朝は火にかけて30分ぐらいで飯が炊けちゃうよ。

B001L5GWYG亀印 文化鍋20cm(5合)


by G-Tools

04:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.01.28

1/28の走行距離

■サブナードスポーツ
走行時間 0:25'32
走行距離 5.30km
平均時速 12.4km/h
最高時速 24.2km/h

近所を少し走ったぐらい。

■歩数計
3010歩
1.0エクササイズ

ほとんど歩いてない。

11:09 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

サドルを交換しようか

VELO(ベロ)VL-1146G サドル ブラック/ブルー クリックフォールディング・アクション1はパーツ類を純正品のままにしているのだが、現在自分で保有している3台の自転車の中でこれが一番サドルが分厚い。もう少し薄いスポーツタイプに交換したいような気もしている。かといって、そうちょくちょく乗るようなものでもないし、特別本格的な走りを追求したいわけでもないので、予算的には大枚をはたく気はない。せいぜい5千円までかな。ネットで調べると3千円ぐらいからスポーツタイプのサドルは買えるようだけど、このぐらいの値段だと送料が割高に感じられる。そのうちサイクルショップにでも行って、自分で選んで買って来ちゃった方がよさそうだ。ネットでの値段よりは少し高くても、送料分得だろうと思う。

12:04 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.01.27

1/27の走行距離

Click01_pic01

■クリックフォールディング・アクション1
走行距離 13.24km
消費カロリー 148.5kcal
積算距離 17.2km

 あまりあてにならない速度計ではあるけれど、巡航速度で20km/hぐらい、少しがんばれば25km/hぐらい、もう少しがんばると30km/hぐらいは出る。でもこの自転車は、軽めのギアで路地をちょこちょこ走り回るのが向いているみたい。シートピラーを長いものに交換してサドル位置がかなり高く、ハンドル位置はそのままなので、スポーツ車ほどではないにせよそれなりに前傾姿勢になる。ホイールベースが短い折り畳み車なので、重心はかなり前の方。これで急ブレーキでもかければ、おそらく路上で前方一回転する羽目になりそう。下り坂で35km/hぐらい出ていると、ちょっと命の不安を感じてドキドキしてしまう。

 強くペダルを踏み込むと腰がフワフワ浮くように感じたので、帰宅してからサドルをさらに1センチぐらい上げた。この方がしっくりくる。でもさらに前傾。ショルダーバッグが体の横でぐるぐる回って前に垂れてしまうので、この自転車の時は別のバッグを考えなきゃ。なお上記掲載写真はMIYATAのカタログから。愛車のシートピラーは突出して高くなっているので、自転車置き場でも結構目立つ。ペダリングには具合がいいけど、停車しても足先が地面に着かない。スポーツ車じゃ当たり前だけど、折り畳み車としては異様な風体。でもシートを高くしてから、この自転車はずっと乗りやすくなった。まだまだ5年やそこらは乗れそう。

■歩数計
10718歩
4.3エクササイズ

 久しぶりに1万歩超え。本当は毎日このぐらい稼ぎたいけど、なかなか難しいのだ。

11:14 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.01.26

1/26の走行距離

■クリックフォールディング・アクション1
走行距離 3.86km
消費カロリー 41.7kcal
積算距離 3.9km

クリックフォールディング・アクション1にメーターを付けてから初めての走行。ベロ5は走行中のスピードは表示されても、上記3項目以外のデータは記録してくれない。走行時間が表示されれば、距離を割り算して平均速度を出せるんだけど、そうした機能もない。シンプル・イズ・ベストで割り切った作りと言えばそれまでだけど、やはりちょっと物足りないような気もする。やはりもうひとつ上の機種であるマイティー8にしときゃ良かったかな。値段も数百円しか違わないんだしなぁ。でも現在速度と距離さえ出れば、それでいいという考え方もあるな。ストップウォッチ付きの腕時計でも使って、実際の走行時間を計れば移動のための平均時速はメーターより性格に割り出せるだろうし。

■歩数計
4646歩
1.9エクササイズ

11:41 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ルビー・モレノってまだ女優なの?

恋するトマト [DVD] 女優のルビー・モレノを脅迫した容疑で暴力団員が逮捕されたという事件があったけど、この報道で驚いたのはルビー・モレノにいまだ「女優」という肩書きが付いていたこと。1993年の『月はどっちに出ている』(今から16年も前じゃん!)で注目された彼女だが、その後はこれといった作品にも恵まれず、日本とフィリピンを行ったり来たりしながら現在に至っている様子。『月は〜』で共演した岸谷五朗がすっかりメジャーになったのとは随分な違いだ。もちろんフィリピン人ということで役柄にはいろいろな制約がつきまとっていたわけだけれど、それにしてもなんだかなぁ……。『月は〜』はどういうわけかいまだにDVD化すらされていないわけで、ルビー・モレノという名前を聞いてもピンとこない人も多いと思う。一応最近でも時々映画やOV作品に出たりはしているみたいだけど(写真の『恋するトマト』は数年前の出演映画)、かつてスポットライトを浴びていた時代が信じられないような零落ぶり。今回もフィリピン・パブでアルバイトしていてのトラブルだとか。

02:38 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2009.01.25

1/25の走行距離

■歩数計
3785歩
1.6エクササイズ

自転車はなし。歩きもほとんどなし。外出らしい外出をしてないんだなぁ。

11:26 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック