2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« カテキズム要約 | トップページ | 読書|悪霊にさいなまれる世界〈下〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 »

2010.03.30

携帯電話やiPhoneを使うと馬鹿になる

Iphone3gs

 iPhoneを買ったばかりであれこれ触りまくっているというのもあるけれど、電車で移動中はiPhoneのスイッチを入れていることが多い。で、思ったんだけど、たぶんこの手の携帯端末というのは、人間の知的能力をどんどん奪っていくような気がする。少なくとも僕は、電車移動中に本を読む時間がなくなった。「みんなケータイをやっているから本を買わなくなった」という出版業界の嘆きは、おそらく事実だと思う。まあ僕は飽きればiPhoneを触る時間も減りそうだけど、それでもこれが読書と競合するものであることは事実だ。歩いているとき、自転車に乗っているとき、仕事中など、本を読むのが難しい時は、iPhoneを使うのも難しいだろう。逆に読書が可能な状況なら、iPhoneも使えそうなのだ。(この例外は入浴中だろう。僕は風呂の中で本を読むことが結構ある。でも2時間も3時間も風呂に浸かっているわけにはいかないので、せいぜい20分か30分のことだけど。シャワーの時は本もダメだな。)

06:40 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/47951309

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話やiPhoneを使うと馬鹿になる:

コメント

コメントを書く