2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|パリより愛をこめて | トップページ | 東京スカイツリー »

2010.03.20

読書|悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学

4150503567悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
Carl Edward Sagan
早川書房 2009-07-05

by G-Tools

 中学生の頃、テレビの科学教養ドキュメンタリー「コスモス」でカール・セーガンを知った。宇宙の中には膨大な数の恒星があり、その多くは惑星を持っているだろう。宇宙の膨大な歴史を考えれば、広い宇宙の中で知的生命体が生まれたのが地球だけだとは考えにくい。むしろ他の太陽系でも知的生命体は生まれているだろう。そんなセーガンのメッセージは、専門的な科学者が宇宙人の存在を肯定したものだと誤解された。UFO信者たちに、セーガンがお墨付きを与えてしまったのだ。この本はそうしたUFO信者たちに対する、セーガンからのひとつの回答なのだろう。疑似科学や非科学的な言説に対する啓蒙書なのだが、少なくともこの上巻に関しては「宇宙人」についての反論になっている。

03:24 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/47858907

この記事へのトラックバック一覧です: 読書|悪霊にさいなまれる世界〈上〉―「知の闇を照らす灯」としての科学:

コメント

コメントを書く