2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« JCAに入会申し込み | トップページ | IPサイマルラジオ »

2010.03.14

読書|勝つために戦え!〈監督篇〉

4198629161勝つために戦え!〈監督篇〉
徳間書店 2010-02-26

by G-Tools

 押井守のファンではないし作品もあまり観ていないのだが(実写作品など皆無だ)、作り手からの映画論、映画監督論ということで購入した本。書店でチャンバラ映画の回だけ読んで、これなら他の記事も面白いだろうと確信して買ったのだが、実際に面白かった。映画監督にとって「勝つ」ということを、押井守は「自分の撮りたい映画を撮り続ける権利を確保すること」だと定義している。この定義が妥当なものなのかどうかはともかく、なまじ大ヒット作や代表作があると勝ち続けることは難しいという指摘には肯いてしまった。そういや山本夏彦も、自分の会社にはピークというものがないから続いていると言っていたなぁ。確かにそういうものかもしれない。

06:46 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/47805153

この記事へのトラックバック一覧です: 読書|勝つために戦え!〈監督篇〉:

コメント

コメントを書く