2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|必死剣鳥刺し | トップページ | 映画|スプリング・フィーバー »

2010.07.15

映画|トイ・ストーリー3(日本語吹替/3D版)

Toystory3 第1作目をリアルタイムで観ている身からすれば、もはや隔世の感がある画面のリアリティ。しかしそうした技術発展にも関わらず、映画に一貫した物語が存在するのはキャラクターのゆえだろう。キャラクターは年を取らない。この映画では、それ自体が物語のテーマになっている。かつてはアニメやマンガに夢中だった子供たちも、やがて年を取り、そうした子供向けのオモチャを卒業していく。でもそうした子供たちから、次の子供たちにキャラクターは受け継がれていく。ウッディやバズの物語はとりあえずこれで一段落だが、彼らの物語はこれからさき何十年たっても、世界中の子供たちを、大人たちを魅了し続けて行くに違いない。映画のラストは一応のハッピーエンド。しかしオモチャを受け継いだ子供が大人になったとき、そのオモチャがまた次の世代に受け継がれるかどうかはわからない。オモチャはいつかゴミになる。もし『トイ・ストーリー』の続編が作られるとすれば、長い年月の間にぼろぼろになり、ゴミとして捨てられてしまう「オモチャの死」を描いてほしい。
(原題:Toy Story 3)

公式サイト
IMDb
映画瓦版

12:15 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/48884156

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|トイ・ストーリー3(日本語吹替/3D版):

コメント

コメントを書く