2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010.03.13

JCAに入会申し込み

 JCA(日本サイクリング協会)の賛助会員に新規登録してみた。4月から新年度なのでちょうどいい。年会費4,000円でJCA自転車総合保険に自動加入。オプションの交通事故傷害保険(年額2,400円)にも入る。これに入ると、事故を起こして入院や通院をする際にも日額で保険金が出る。自動車に乗る人は自動車保険のオプションで自転車事故の補償をするものもあるようなのだが、僕は自動車を利用しないのでそうしたものが皆無。これまでまったく無保険で自転車を利用していたので、これで少し安心かも。(とはいえ事故を起こして死んじゃったら元も子もないけどね。)今回JCAに加入しようと思ったのはじつは保険のためではなく、JCAとヤマト運輸が提携して行っているサイクリングヤマト便を利用したいと思ったからだ。一般の荷物として自転車を宅配便で送るととんでもない高額料金になるので、年に1度か2度このサイクリングヤマト便を利用するだけで、JCAの年会費なんて元が取れてしまうのだ。

10:36 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ぽかぽか陽気

Dscf1073

 上野動物園に行ったらすごい人。公園内の寒桜が満開でした。

05:23 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

USBメモリ購入

SONY USBフラッシュメモリ 4GB USM4GL ソニーのUSBメモリを購入した。もともとはこれより上位の高速モデルを買おうと思ったのだが、Amazonの配達が遅いのでこちらにした次第。値段も安いしね。4GBで1,264円。これをMacBookで作業用の領域に使う。データの書き込みも読み出しも、以前使っていたヘナチョコUSBメモリとは比較にならない速さ。ほとんどタイムラグを感じないストレスフリー環境になった。バックアップはMac標準のTime Machineを使う。USBメモリをMac OS X拡張形式でフォーマットしてやれば、他のHDDなどと同じようにTime Machineでバックアップできるようになる。ただしこれはWindowsと共有できないので、純粋にiMacとMacBookの間でのデータやり取り専用になる。それで何ら不自由を感じないので構わないけど。データの持ち運びに使うなら、速度の遅いヘナチョコメモリで一向に構わないわけだし。

09:50 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.11

mixiで「聖書とキリスト教」のコミュ作成

 mixiのキリスト教系のコミュに出没するウザイ連中を排除するため、非公開のコミュを作ります。キリスト教と聖書にまつわる話なら基本的に何でもOKですが、他人様の信仰にイチャモンつけたり揶揄したりするのは禁止します。

以下、注意点。

1.コミュで扱うのは伝統的な正統派のキリスト教と、その伝統に沿った聖書の読み方や解釈です。「イエス・キリストは宇宙人だった」とか「ヨハネ黙示録にはヒトラーやビンラディンが予言されていた」といった話をする人は追い出します。

2.クリスチャンではない人も歓迎しますが(管理人もノンクリです)、キリスト教に対して攻撃的な態度を取る人は追い出します。

3.誰でも最初は何も知りません。知識がないことは恥ではないのです。しかし学ぶ機会がありながら、無知に甘んじている人は追い出します。

 コミュは承認制ですから、参加しないと中身が見えません。参加してみて気にくわなければ遠慮なく退会してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4891775

09:39 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.10

モレスキン フィルムジャーナル

MOLESKINE モレスキン パッションコレクション フィルムジャーナル

 買ってませんし、たぶん買うこともないと思いますが、モレスキンから映画鑑賞記録を付ける専用ノート「フィルムジャーナル」が出ています。今日、銀座の東急ハンズで見つけましたが、サンプルが出ていなかったので中身は確認してません。僕は以前、モレスキンを映画鑑賞ノートにしていたことがあるし、いろんな映画鑑賞専用ノートを買い集めてみたこともあるけれど、1冊2,835円とかを「とりあえず買うだけ買ってみる」というのはちとキツイです。書き込みスペースが小さいので、僕にはちょっと魅力がないな。むしろ普通のノートを使って、ばんばんいろいろ書き込んだり、チケットの半切れを貼り付けたりできる方が僕は好き。僕はモレスキンのラージサイズから、MDノートの文庫サイズを経て、現在はコクヨのSYSTEMICに方眼罫のA5サイズノート(ツバメ)を入れて、それを映画ノートにしてます。

09:51 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|クロッシング

Crossingu 病気の妻に薬を手に入れるため、北朝鮮を脱出した男。だが「金がもらえる」と言われて他の脱北者と一緒に行った場所は、中国にある外国の大使館だった。わけもわからないまま大使館に駆け込んで「亡命」してしまった男は、もう北朝鮮の家族のもとに帰ることはできない。その間に北朝鮮では妻が病気で亡くなり、子供は強制収容所に入れられてしまう。ブローカーを手配して子供を脱北させようとするのだが……。観ていて涙がどばどば流れる悲劇的なドラマ。悲劇とはごく平凡な人間たちが、その時々にもっとも賢明な避けがたい選択をした結果、どんどん不幸になっていく物語だ。この悲劇を生み出しているのは、ここに登場する親子ではない。北朝鮮という体制自体が悲劇なのだ。

(英題:Crossing)

公式サイト
IMDb

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|フェーズ6

Fezu6 全世界に蔓延した新種の病原菌によって、人間が次々に死んでいく。映画の主人公はその病原菌から逃れて生き延びるため、1台の車に同乗して道路をひた走る若者たち。感染した者たちを振り捨てながら、車はひたすら海を目指す。死滅した世界という意味ではジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』と同じだが、感染者たちがゾンビになるのではなく死んでしまうので映画としてはすごく地味。放射能で世界が死滅する『渚にて』とか、やはり病原菌によって世界が滅ぶ『復活の日』に近いかも。ただしこの映画は世界が滅びていく時なにが起きるのかというシミュレーションではなく、「人は何のために生き延びようとするのか?」が最終的なテーマになっている。世界にたったひとり生き延びて、それで何の意味があるのか? 人類最後のひとりになるまで生き延びたとして、それで「生きている」と言えるのだろうか? 作り手の意図はともかく、これは結構哲学的なテーマだ。

(原題:Carriers)

■公式サイト
IMDb

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|孤高のメス

Kokou アメリカで最新の医療技術を身に着けて日本の地方都市にある公立病院に赴任してきた医師が、病院内にある大学病院閥の妨害に遭いながら日本初の脳死肝移植を行うに至るまでを描く医療ドラマ。原作は「メスよ輝け!!」というマンガだが、それを原作者が小説化した「孤高のメス」がこの映画の原作。ただし映画ではそれをさらに脚色して、物語を主人公の外科医・当麻鉄彦ではなく、彼と共にチームを組む看護婦の視点から物語を紡ぎ、さらにそれを彼女の息子が20年後に母親の日記を読んで知るという入れ子型の構成にしてある。要するに『マディソン郡の橋』みたいな感じ。子供が知るのは母親の不倫じゃないけど。医療技術や医療を巡る環境というのは年々変わっていくため、原作が書かれた当時の状況が現在の日本の医療現場にそのまま当てはめられないというのが、こうした構成になった一番の原因だと思う。しかしこの映画ではそれを逆に利用して、ふくらみのある人間ドラマを作っている。成島出監督はデビュー作『油断大敵』でも地方色をうまく生かしてドラマを作っていたが、今回の映画も地方ロケの成果が生かされている。いい映画でした。

公式サイト
IMDb

10:00 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

高速のUSBメモリがほしい

SONY ノックスライド式USBメモリー ポケットビット 4GB ハイスペック ホワイト USM4GLX WA iMacを母艦にしつつMacBookでも作業をしているので、作業中のファイルのやり取りをどうしようか考え、作業中のデータについてはUSBメモリに置くことにした。ところが手持ちのUSBメモリは数年前に手に入れた物で、書き込みの速度がどうも遅い。HDDに書き込むのに比べると、ちょっと待たされる感じがしてストレスを感じる。そんなわけで、今欲しいのは高速のUSBメモリ。当座使うデータを入れておくだけなので、たぶん4GBぐらいあれば十分なはず。(1GBでもいいぐらいだけど、逆に品薄なんだよな。)2千円ぐらいで買えるんだろうな。容量が大きくなってくると値段的にポータブルHDDの方が割安に感じられてしまう。

07:20 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.09

映画|逆襲!スケ番☆ハンターズ 地獄の決闘

Sukeban2 主人公はやくざハンターのスケ番・アサミだが、『爆発!スケ番ハンターズ 総括殴り込み作戦』と話がつながっているわけではなく、同じような設定のヒロインを同じ女優が演じるアナザーワールド。昔の東映プログラムピクチャーによくあったけど、それを臆面もなくやるところが痛快。上映時間73分というコンパクトさもいい。この映画はマカロニ・ウエスタン風のストーリーと味付けになっている。流れ者の少女アサミが、やくざに虐げられている町にぶらりと舞い戻ってくる。自分に親切にしてくれる人たちがやくざに殺され、ついに怒りを爆発させるアサミ。(初代やくざハンターが殺されるシーンの残酷描写はいかにもマカロニ風。)だがやくざは凄腕の女殺し屋アキラを雇って、アサミを返り討ちにしようと待ち構える。クライマックスはアサミとアキラの一騎打ち。ここだけ画面がシネマスコープになるところに思わずニヤニヤしてしまった。

公式サイト
IMDb

05:25 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|爆発!スケ番☆ハンターズ 総括殴り込み作戦

Sukeban1 1970年代に作られたスケバン・アクション映画を現代風にリメイクしようとする作品。やくざと手を組んで仲間を裏切り、多くの仲間たちを死に追いやったジュンコを倒すため、伝説のスケ番・アサミが街に戻ってきた。アサミが行くところには血の雨が降る。仲間たちも傷つき、最も守りたいと願っていた少女までが敵の毒牙に。面白いところもあるけど、こんなものは基本的にパロディなんだから、もっと大胆にオリジナルのスタイルを模倣していく姿勢がほしい。脚本にはちょっと難があって、途中で話が先に転がって行かなくなる。ジュンコはやくざに殺されたことにして、主人公たちは「ジュンコの仇討ち」としてやくざと戦うが、物語のクライマックスで黒幕として当のジュンコが姿を現すようにすれば盛り上がったのに。(このスタイルで映画瓦版を書くかも。)

公式サイト
IMDb

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.08

アカデミー賞は『ハート・ロッカー』が6冠

 『ハート・ロッカー』は未見だが、キャスリン・ビグロー監督には『ハート・ブルー』で度肝を抜かれて以来注目していたので、今回の受賞は「やったね!」という感じ。ビグロー監督作だと初期の『ニア・ダーク/月夜の出来事』も好きだった。最近のイケメン・ヴァンパイア映画のはしりみたいな作品だな。『ニア・ダーク』や『ハート・ブルー』から既に20年近くたっているわけね。もう大ベテランだな。

02:54 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

MacBookからプリントできない

 会社のネットワークにMacBookをつないで、ネットワーク経由でCanonのカラー複合機iRC2880Fを使おうとしているのだが、プリンタがうんともすうとも言わない。プリントの命令自体は出ているのだが、プリントキューに一瞬だけ「プリントしています」という表示が出て、あとは知らんぷり。何のエラーも出ないまま、プリンタは沈黙し続けている。以前iMacではちゃんとプリントできていたんだけどなぁ。

02:15 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.03.07

最近のお散歩カメラ

FUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) Z5fd シルバー FX-Z5FDS 以前から日常使いのお散歩カメラとしてはCanon IXY DIGITAL L2RICOH GR DIGITAL IIを愛用しているんだけど、最近使い始めたのがFUJIFILM FinePix Z5fd。IXY Digital L2は5年以上前のカメラでデジカメとしては3世代ぐらい前のカメラだけど、FinePix Z5fdも3年ぐらい前のカメラだからデジカメとしては1世代前のもの。記録メディアがXD-ピクチャーカードだというのが、なんとなく古さを感じさせはする。ただし顔認識機能は付いているので、明らかに見劣りするのは画素数ぐらいだろうか。もっともこれも、L版プリントするぐらいならまったく困らない。(L版プリントならIXY Digital L2だって困らなかった。)Fujifilmのデジカメは原則本体充電で、充電とUSB接続をひとつの端子で行うため特殊な形状になっているのがちょっと面倒。専用ケーブルを、いつも手近に置いておかなければならない。あとこのZ5fdに関しては、カメラの縦横位置を認識する機能がないため、撮影後に画像をすべて手作業で回転させてやる必要がある。またGR Digital IIの電子水準器になれてしまうと、画像の水平垂直が取りにくくて、撮影後に写真を見るとひどく斜めになっていたりすることがある。ただしこれは水準器の付いていないIXY Digital L2ではそれほどでもないので、カメラのホールディングが悪いのかもしれない。馴れればちゃんと水平が取れるようになるのかも。このカメラはもともと僕のものではなかったのだが、家族が持っていてまったく使わないので僕が使うことにした。これで僕が使っているカメラは、現役だけで4代。Canon PowerShot TX1もまだ現役だ。TX1は小型で10倍ズームでムービーも撮れるカメラだけど、レンズが暗いのが玉に瑕なんだよな。あとバッテリーの持ちがあまりよくない。まあどのカメラも一長一短ではある。

06:49 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック