2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年5月23日 - 2010年5月29日 »

2010.05.20

ゆで卵、何をつけて食べる?


ブログネタ: ゆで卵、何をつけて食べる?参加数拍手

 僕はゆで卵にはマヨネーズだね。ゆで卵はぼそぼそもそもそしていることが多いけど、マヨネーズ付けるとそれがなくなる。マヨネーズも卵から作っているので相性はばっちり。

09:55 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

裁断機到着で自炊生活スタート!

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106 注文した裁断機がもう届いたので、早速本棚から適当に本を引っこ抜いて裁断し、スキャナでがちゃがちゃとPDF作り。書籍から自前でPDFを作ることを「自炊」と言うそうで、これで僕も「自炊生活」がスタートしたことになる。裁断機は立派なのだが、こうなると気になってくるのはスキャナが貧弱なこと。使用しているFUJITSU ScanSnap S1300は、試写状やプレス資料などを整理しようと購入したものなので、何百ページもある書籍をスキャンするには何度にも分けてスキャンしなければならず、スキャン作業中はその場に付きっきりになってしまう。こんなことなら最初から、上位機種のScanSnap S1500Mを購入しておけば良かったかな。まあとりあえずは手持ちのS1300を使い倒して、壊れたら上位機種に買い替えようと思っている。しかしそれより先に欲しいのは、キンドルやiPadやSony ReaderのようなPDFのビュアーですな。パソコンにがしがし取り込んでも、本なんてパソコンで読むことはほとんどない。やっぱり専用のビュアーが欲しいところだ。

09:52 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|東京島

Tokyojima ヨットの遭難事故で南海の無人島に漂着した中年夫婦。そこに同じように漂着した日本人の若者グループと中国人グループが加わり、20数人の男性の中で女性ひとりという状況が生まれる。夫は事故死(自殺か他殺なのかも)。女を手に入れた男も死んで、残された男たちの中には島でただひとりの女を巡って不穏な空気が流れる。原作は桐野夏生の同名小説だが、状況設定としては終戦直後に起きたアナタハン事件がモデルになっているのだろう。アナタハン事件と同じ状況が現代の日本人たちの中で起きたら、そこでいったいどんな状況が生まれるかというシミュレーションだ。木村多江がヒロインを演じているのだが、中年のオバサンと呼ぶにはちょっときれいすぎるかも。かといってこれをリアルにおばさんぽい女優(例えば誰だろう。高田聖子とか、光浦靖子とか、その相方の大久保佳代子とか、森三中の黒沢かずことか……え〜と誰かいないかな、適当なのが)が演じると、「女日照りとは言え君たちは一体何をしておるのかね?」みたいな映画になって観客が引いちゃう可能性が大きいわけで、これは難しいところ。映画としてはあまりシリアスにならず、コミカルなシーンがたくさん散りばめられているのがいい。

公式サイト
IMDb
映画瓦版

10:00 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.05.18

裁断機を注文してしまった!!!

プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106 Amazon経由で書籍用の裁断機を注文してしまった! 紙を切るだけの機械に3万円。これで書棚に突っ込んである雑誌や読み終わった本などをばらしてスキャナでPDF化し、本棚を少しでもスリムにしようということではあるんだけど……。いずれ間違いなくPDFリーダーとして、iPadなりキンドルなりSonyのリーダーなりを購入することになりそう。こんなもの買う金は本来ないんだけど、じつは最近の為替の乱高下を指くわえてのんびり見守っていた経験から、「俺はFXをやるのには向いていない」と思ったのだ。「下がりそうだなぁ」と思っても、思っているだけで売らない。「上がりそうだな」と思っても、思っているだけで買わない。そして相場はその後、思ったように動いていく。しかしそうなっても、ちっとも悔しくない。残念だと思わない。要するに気持ちがもう、FXから離れちゃってるわけ。だからFX用の口座から資金をすべて引き上げて、裁断機も買います。秋には折り畳み自転車も買います。そういうこと。

04:19 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.05.17

試写状|グッドモーニング・プレジデント

Scan10006

監督・脚本:チャン・ジン 出演:チャン・ドンゴン、イ・スンジェ、コ・ドゥシム、イム・ハリョン、ハン・チェヨン 配給:エスピーオー 宣伝:ユナイテッドエンタテインメント 英題:Good Morning President
2009年/韓国/129分/カラー/シネマスコープ/ドルビーSRD

■公式サイト
IMDb

7月24日(土)よりシネマート新宿・シネマート心斎橋、ほか全国順次ロードショー!

09:35 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

試写状|シルビアのいる街で

Scan10005

監督・脚本:ホセ・ルイス・ゲリン 出演:グザヴィエ・ラフィット、ピラール・ロペス・デ・アラヤ 原題:En la ciudad de Sylvia 配給:紀伊國屋書店、マーメイドフィルム 宣伝:VALERIA、bonaparte 配給協力:(株)コミュニティシネマセンター 後援:スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京
2007年/スペイン、フランス/カラー/1時間25分/35mm/ヴィスタ

公式サイト
IMDb

7月下旬、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開!

07:41 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|グッドモーニング・プレジデント

Gmp 大統領を主人公にした映画だが、政治映画というわけではない。野党との駆け引きや外向的な緊張などさまざまな政治ドラマも登場するが、この映画には政治家にとってもっとも力が入る「選挙」が登場しない。映画に登場する大統領は3人。そのうち2人は選挙で敗れて政権を野党に奪われているわけだが、映画の中では大統領の支持率がなぜ下がったのかがまったく描かれない。いつの間にか選挙があって、いつの間にか大統領が交代する。(韓国の大統領任期は1期5年間なので大統領が交代するのはいいとしても、すべて与野党が交代していくのがなぜなのかよくわからない。韓国ってこういうものなのか?)大統領を悩みもすれば迷いもし、家庭もあれば家族もいる「普通の人」として描くのは面白いのだが、こうした政治家像が描けるのは、国民投票によって国民が自ら大統領を選んでいるからだろうか。でも日本で「知事」を主人公にした映画なんて成り立ちそうもない。やはり政治風土の違いかな。
(英題:Good Morning President)

公式サイト(韓国)
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|トルソ

Torso こういう映画ってジャンル分けに苦労しそうだけど、一応はホームドラマの一種なのかもしれない。ただしここにある「ホーム」は完全に壊れてしまっている。壊れてしまっていても、人は「ホーム」から離れられないわけだけど。あるいはもっと大ざっぱに「女性映画」などというレッテルを貼ってしまうのか。渡辺真起子がいい具合にオバサンぽくなってきているなぁ……という映画であり、同時に安藤サクラは今年凄いなぁ……という映画でもある。基本的にこの映画、渡辺真起子の姉、安藤サクラの妹、山口美也子の母の3人で成立している映画なのだ。そういう意味ではやはり、これはホームドラマなんだろうな。

公式サイト
■IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック