2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010.10.15

不要になったネットブックはないですか?

 どなたか不要になったネットブックを、安く(理想としては無料で)譲ってくださる方はいませんか? 僕は普段Macを使っているのですが、聖書検索ソフトの「Jnet-ばいぶる」を使うために再度小さなWindowsマシンが必要になったのです。OSはWindows XP以上。Jnet-ばいぶるとWebブラウザとTwitterのクライアントぐらいが動けばいいので、そんなに高性能なものは必要ありません。完動品で、電源ケーブルなどの付属品が全部揃っていればOK。モバイルするつもりもないので、バッテリーがへたっていても構いません。譲ってもいいよという方は、メールでご連絡ください。

メールアドレス:eigakawaraban@gmail.com

03:48 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.10.14

映画|キック・アス

Kickass 何の取り柄もない平凡で目立たない高校生デイヴは、アメコミヒーローに憧れてそれらしいコスチュームをネット通販で購入。はじめは部屋の姿見でポーズを取っているだけで満足していたが、ヒーローになりたいという思いは抑えがたく、ついにその服装のまま待ちに出て行く。あるときたまたまチンピラ同士の喧嘩に割って入り、殺されかけていた男を助けたデイヴは、その様子を撮影した動画がWEBに公開されたことから本物の覆面ヒーロー「キック・アス」になってしまう。そんな彼に接触してきたのは、ビッグ・ダディとヒット・ガールという覆面の二人組。彼らは本格的な装備で街の犯罪王に戦いを挑もうとしていた。こうしてキック・アスことデイヴは、普通の高校生から血みどろの戦いの場へと狩り出されてしまう……。事前にまったく予備知識がないまま映画を観始めたので、最初はアメコミヒーローものをパロったコメディ映画なのかと思っていた。ところがこれが、とんでもない映画だったのだ。殺された妻の復讐に燃えるビッグ・ダディことニコラス・ケイジと、幼い頃から殺人訓練を積んできたヒット・ガールことミンディの父娘こそが、この映画の本来の主人公だ。彼らの存在は悪への復讐に燃える正義のヒーローが、実際には反社会的なモンスターでしかないことをあからさまにしてしまう。鏡の前で普通の男がヒーローに変身してゆくシーンは、「バットマン」や「アイアンマン」なら血湧き肉躍る勇壮なシーン。でもこの映画のそれは、もっと沈痛なものだ。このヒーローに似ているのは、『タクシードライバー』のトラヴィスだろうか。

(原題:Kick-Ass)

公式サイト
公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック