2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年10月17日 - 2010年10月23日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010.10.28

映画|ハッピー・ポエット

Tiff_2010 経験もノウハウもないまま、突然「有機無農薬野菜」のサンドイッチ屋台をはじめた青年ビル。意外な協力者が現れたりして思いのほか順調に売上を伸ばしていく屋台だったが、出費もかさんで経営は赤字。もともと乏しい資金ではじめた商売はすぐに行き詰まってしまう。オーガニックフードは原価率が高く、売っても売っても大した儲けにならないのだ。商売を続けるために、原価率を下げたホットドッグスタンド(添加物たっぷり!)に商売替えすべきなのか? それともいっそのこと、潔くこの商売自体から手を引くべきなのか? 友情と恋と仕事と資金繰りに頭を痛めながら、ビルはどこに向かうのか? 主人公が預金通帳の残高を見ながらため息をつくあたりは、僕も似たような状況なので身につまされすぎて落ち込んでしまう。しかし映画の最後はハッピーエンド。いや、これはこれで、新しい物語のはじまりなのかもしれない。

(原題:The Happy Poet)

■公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|エッセンシャル・キリング

Tiff_2010 『アンナと過ごした4日間』のイエジー・スモリモフスキ監督が撮った、異色のサスペンス・スリラー映画。アフガンで米軍に捕らえられたゲリラ兵が、移送地で事故を起こした車両から脱走する。だがそこは一面雪景色の森林地帯。ゲリラ兵は逃げる。逃げて、逃げて、逃げていく。だがどこへ? どこまで逃げようと、その道がアフガンまで続いていることはあり得ない。いずれやってくる「行き止まり」に向けて、男は逃げ続けていく。「結論を先延ばしにする」ことがサスペンスだとすれば、これはまさに絶望的なサスペンスだ。どう考えても、この男が生きて故郷に戻ることはないのだから……。主演のヴィンセント・ギャロは劇中ほとんど一言も台詞を発しないまま逃げる男を熱演し、ヴェネチア国際映画祭で主演男優賞獲得。僕は何の予備知識もなしに映画を観始めたので、彼がギャロだとエンドロールまで気づかなかった。

(原題:Essential Killing)

■公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

01:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ゲスト

Tiff_2010 『シルビアのいる街で』のホセ・ルイス・ゲリン監督が、同作を持って世界各地の映画祭を訪問した合間に撮影した素材を編集したスケッチ風のドキュメンタリー映画。全編モノクロ、2時間13分。街の人々をサラリと撮ったものがあるかと思えば、何日かにわたって取材しながら短い映画のようなものに仕上がっている部分もある。映画の中では幾度か「ドキュメンタリーとフィクションの違い」という話が出てくるのだが、この映画自体がドキュメンタリーとフィクションの境界線をさまよっている。この映画はどこまでが、出会い頭に撮られた街角の風景なのか。この映画はどこから、準備され演出されたものなのか。それは映画を観ていてもまったくわからない。わからないのだが、ドキュメンタリー映画にとってそれはあまり本質的な違いではないということなのだろう。「映画」は「報道」ではない。現実を素材とするドキュメンタリー映画も、ジャーナリズムのような公正さや客観性など求められていない。この映画には世界各地を旅する「旅人=監督自身」の姿が、見事に反映されているように思える。

(原題:Guest)

■公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

11:00 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック