2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年11月21日 - 2010年11月27日 | トップページ | 2010年12月5日 - 2010年12月11日 »

2010.11.29

映画|再生の朝に ある裁判官の選択

Saiseiasa 自動車2台を盗んで死刑判決を受けた青年。彼にその判決を下したのは、盗難車による事故で娘を亡くしたばかりの裁判長だった。本人にしてみれば、判決は法の定めに従ったまでのこと。だが間もなく行われる法改正で死刑の基準が厳しくなり、新法のもとでは青年に死刑判決は下されなかったであろうことを考えると、裁判長の心はかき乱される。腎臓病で苦しむ資産家の社長が、青年に強く腎臓移植を迫っていることも気がかりだ。中国でも臓器売買は法律で禁止されているのだが、社長はあの手この手を使って青年の腎臓を手に入れようとしているらしい……。淡々としたタッチで描かれる人間ドラマ。裁判官夫婦の心が癒されていく様子を、繰り返される食卓の風景を通じて描き出すあたりは上手い。

(原題:透析 Judge)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|毎日かあさん

Maikaa 西原理恵子の同名エッセイコミックを実写映画化。売れっ子漫画化のヒロインと、アル中で飲めば暴れる(そして常に飲んでいる)元戦場カメラマンの男が主人公。ふたりは夫のアル中が原因で離婚するが、夫は精神病院でアル中治療に成功して家に戻ってくる。だがその時、彼の身体は既にガンに蝕まれていた……という物語。離婚した夫婦である小泉今日子と永瀬正敏が、離婚した夫婦である西原理恵子と鴨志田穣を演じているのが見どころ。同じ話を鴨志田穣の視点から描いたのが『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』なのだが、そちらでは鴨志田穣を浅野忠信、西原理恵子を永作博美が演じている。僕は『酔いが覚めたら〜』を観ていないのだが、2本の映画を観比べてみるのも面白そうだ。『酔いが覚めたら〜』は監督も東陽一だし、きっと面白いに違いない! そうだ、そちらを観よう! ぜひとも観なければ! と思わせるのが『毎日かあさん』であった……。要するにちょっと残念な映画なのだ。出演者の顔ぶれは豪華なんだけどなぁ。

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック