2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2010年12月12日 - 2010年12月18日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2010.12.20

映画|ブローン・アパート

Blownapart 愛する人を、同時に裏切ることは可能か? それがこの映画のひとつのテーマ。近所の男と浮気の最中に、夫と息子をスタジアムの爆弾テロで亡くした若い母親。彼女は家族を愛しながら裏切っていたわけだが、この映画の中には同じように家族を愛しつつ裏切る人たちが大勢登場する。ここで描かれているのは、人間が抱えている愛の矛盾だ。もうひとつ、映画の原題(Incendiary=焼夷弾)が表しているのは、傷つき破壊し尽くされた世界が、いかに再生して行くかという問題。ナチスドイツの爆撃されて瓦礫の山になったロンドンは、やがて力強く復興した。そこに暮らすヒロインが、家族の死という痛手をいかに消化し乗り越えていくか。物語はここに、爆弾テロに隠された「冷酷な真実」などをからめていくのだが、このあたりがうまくまとめきれないまま、物語の着地点が曖昧になっているような印象も受ける。恋愛ドラマでも、愛欲のドラマでも、犯罪ミステリーでもなく、すべてが中途半端な感じに小さくまとまってしまったかも。主演のミシェル・ウィリアムズは良かった。1月29日公開。銀座シネパトス、シネ・リーブル池袋。

(原題:Incendiary)

■公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

映画|恋とニュースのつくり方

Koinews 視聴率低迷にあえぐ朝の情報番組のプロデューサーに雇われたヒロインが、扱いにくいベテラン女性キャスターやプライドばかり高くて使えない報道出身のベテランキャスターに翻弄されながら、だめ番組を局の看板番組に押し上げて行く姿を描くサクセスストーリー。『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ポロッシュ・マッケンナのオリジナル脚本を、『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェルが監督。主演はレイチェル・マクアダムスだが、プライドばかり高くて性格の悪いベテランキャスターを演じたハリソン・フォードが良かった。マスコミ嫌いでプライベートショットではいつも不機嫌そうな顔をしているフォードのイメージと、映画の中で作られている人なつっこくて暖かい人柄のイメージが、この映画の中では見事に融合している。マクアダムスやダイアン・キートンが仮に別のキャスティングになっても、この映画の雰囲気はあまり変わらなかったかもしれない。でもフォードが別の役者に変わったら、この映画はずいぶん違うものになっただろう。この映画のカラーを決めているのはフォードだと思う。2月25日公開。丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。

(原題:Morning Glory)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2010.12.19

冬景色

R0013671

 Flickrに投稿した写真からリンクを引っ張ってきた。先週に引き続いての日比谷公園だけど、先週よりだいぶ冬らしい気配。あと1週間でクリスマスだもんね。

06:44 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック