2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 【告知】メルマガは再度休刊します | トップページ | 映画|スーパー! »

2011.06.03

ソニーのラジオICF-51を買った

B00362NO48SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ レッド ICF-51/R
ソニー 2010-02-10

by G-Tools

 いろいろ事情があって新しいラジオを購入。デジタルチューナーのラジオを何台か続けて買ったので、ベーシックなアナログ・チューニングのラジオにした。選んだのはソニーのICF-51。赤と白の2色あるのだが、今回は赤を購入した。色名で言うとボルドーみたいな深い赤。届いて驚いたのはその小ささと軽さ。ソニーのHPには商品写真があるのだが、それをクリックして拡大すると、実際の商品より大きくなる(笑)。重さをカタログで見ると112.8g。僕が持っている一番小さいラジオはソニーのSRF-M98だが、これが47gだから、それに比べれば確かに大きいし重い。しかしスピーカーが付いていて、ロッドアンテナも付いていて、実際にスイッチを入れると結構感度もいい。これは正直、びっくりするようなコストパフォーマンスだった。

 手持ちのラジオの重さを比較してみたのだが、僕が以前から持っているICF-M260(生産販売終了)は260g。買ったばかりのICF-51と比べると、これがズッシリと重たく感じる。ホームラジオのICF-A101に至っては、重量が1,370gだから10倍も重いことになる。(僕は持っていないが、ICF-51にはICF-M55というデジタルチューニング版もある。これも120gなのでかなり軽い。)

 ICF-51は非常用のラジオにどうかなぁ……と思っていているのだが、単4電池2本で連続使用時間が52時間(AM受信時)。SRF-M98は単4電池1本で65時間だから、こちらの方がバッテリーの消耗は抑えられている。まあイヤホンだけなので、これは当たり前。ICF-M260は単3電池2本で62時間。ICF-A101は単2電池4本で143時間。非常用にラジオと一緒に電池の予備も少しストックしておくとなると、小さくて軽い単4電池が使えるICF-51は悪くない選択かもしれない。

04:21 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/51843581

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーのラジオICF-51を買った:

コメント

コメントを書く