2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|アクシデント | トップページ | 映画|ステイ・フレンズ »

2011.09.02

映画|MADE IN JAPAN—こらッ!—

Madeinjapan 高橋伴明監督が、京都造形芸術大学映画学科の学生と一緒に作ったホームドラマ。おばあちゃんが死んだことで、夫婦と娘ひとりの3人家族が崩壊して行く。僕はこのプロットからすぐに石井聰亙の『逆噴射家族』を思い出したが、あれは親子で暮らしている家庭におじいさんがやってくることで、家族間の軋轢が高まり家族崩壊する話だった。本作はそれとは逆に、おばあさんが抜けることで家族が崩壊する。家族や家庭という「幻想」を持っていた世代はこの映画の両親と祖母世代までで、そこではまがりなりにも「親子」を軸とした家族が成り立っている。ところがこの祖母が抜けてしまうと、両親は「夫婦」という単位で家族を維持できないし、子供との間に「親子」としての確固たるつながりも持てない。結果として家族はバラバラに崩壊して行く。映画にはもうひとつの崩壊する家族が登場するので、それについても少し考える必要はありそう。

公式サイト
公式Twitter
■IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/52634922

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|MADE IN JAPAN—こらッ!—:

コメント

コメントを書く