2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|ステイ・フレンズ | トップページ | 映画|ハートブレイカー »

2011.09.08

映画|ちづる

Chizuru 立教大学現代心理学部映像身体学科の学生が、卒業制作として製作したドキュメンタリー映画。自閉症の妹、母親、そして自分自身。映画の中では、妹と母は何も変わらない。しかし監督は学生から社会人になる時期であり、否応なく変化を求められる。親に庇護されて育ってきた子供が、自分自身で人生の第一歩を踏み出そうとする、これはひとつの青春映画だ。そして映画の最後に、母親が突然下したある決断にも驚かされる。人は変わっていく。家族も変わっていく。その変わっていく様子を、この映画はリアルタイムに記録してゆく。しかし主役であるはずの「ちづる」は変わらない。彼女はこの物語のトリックスターなのだ。監督の赤﨑正和は、卒業後に福祉関係の仕事に就いたとのこと。彼が今後も映画を撮り続けるのかどうかはわからないが、撮影編集機器がデジタル化して低価格化していることで、絵を描いたり小説を書いたりするのと同じ程度には、映画作りについてもプロとアマチュアの差はなくなっているのかもしれない。

公式サイト
公式Twitter
■IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/52680921

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|ちづる:

コメント

コメントを書く