2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|アニマル・キングダム | トップページ | 映画|マジック・ツリーハウス »

2011.12.12

映画|デビルズ・ダブル —ある影武者の物語—

Devilsdouble イラクの独裁者サダム・フセインの長男であり、その粗暴で常軌を逸脱した行動から「狂気のプリンス」と呼ばれ恐れられたウダイ・フセイン。1987年から1991年まで足かけ5年間、彼の影武者としてその狂気じみた行動の数々を間近に見ていたのが、この映画の原作者ラティフ・ヤヒアだ。映画はイラン・イラク戦争から湾岸戦争に至る時代を背景に、ウダイの乱暴狼藉と放蕩の日々を描いていく。この映画を観ると、イラク戦争でサダム・フセインと家族が権力の座から排除されたのは結構なことだったなぁ……という気分にさせられる。主演のドミニク・クーパーが熱演で、一人二役が完全に2人の別々のキャラクターにしか見えないほどだ。ただしキャラクターとして魅力的なのは暴君ウダイの側で、本当なら観客が感情移入しなければならないラティフの存在感が弱い。ヒロイン役はリュディヴィーヌ・サニエだが、フランソワ・オゾン監督作に出ていた頃の美少女の面影はもうないなぁ……。イラクを舞台にしたベルギー映画で、監督はニュージーランド人のリー・タマホリ、使用言語は全編英語。こうした成り立ちもまた、映画に少し浮き世離れしたムードを付加してしまったかも。

(原題:The Devil's Double)

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/53472931

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|デビルズ・ダブル —ある影武者の物語—:

コメント

コメントを書く