2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2011年7月3日 - 2011年7月9日 | トップページ | 2011年7月17日 - 2011年7月23日 »

2011.07.12

映画|世界侵略:ロサンゼルス決戦

Sekaisinryaku 宇宙人が突然地球を侵略するために攻めて来て、人間たちがそれに非力な武器で抵抗するというおはなし。避難区域に取り残された民間人を救出するため、数人の海兵隊員が敵の支配域に乗り込んでいくという筋立てで、導入部の説明的なエピソードを除けば、徹頭徹尾最初から最後まで戦闘シーンのみ。『プライベート・ライアン』のSF版みたいなものだと思えば、当たらずとも遠からず。世界がどうなっているとか、全体としての戦略はどうなっているのか、市民の暮らしはどうなってしまうのかといった大局的な話は一切なく、とにかく宇宙人がウジャウジャいる地域に突入して、生きて帰ってくるというミッション。最後はラスボス的な敵を倒す戦いがある。これって、ビデオゲームの乗りだなぁ……と今思った。

(原題:Battle Los Angeles)

公式サイト
公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

Trans3 映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目にして完結編(のはず)。じつは1・2作目を観ていないのだが、前作からキャラクターなどは引き継いでいても、物語自体は半ば独立しているので今回から観ても問題ない。映画前半は比較的コミカルな味わいで、後半はシリアスな展開になっていく。全編3Dで字幕版、しかも上映時間2時間半という疲れる映画なのだが、最初から話半分で映像主体に観ている作品だから字幕は目の端で追う程度。アクション演出はロボットが変形しながら格闘したり銃を撃ったりミサイルを撃ったりというコテコテの展開で、僕の世代だと『超時空要塞マクロス』の板野サーカスをそのまま実写に置き換えたような気持ちよさ。そう、これはドラマとしてどうこうではなく、アクションの気持ちよさを味わう映画なのだ。傾き崩れかけているビルの中でのドタバタなどは痛快極まりない。ビルの合間をスカイダイバーが高速で飛び交うシーンも凄かった。

(原題:Transformers: Dark of the Moon)

公式サイト
公式Twitter
IMDb
映画瓦版

12:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2011.07.11

映画|リメンバー・ミー

Remamberme 兄の自殺と両親の自殺離婚以来、自分の居場所を見失い自暴自棄な生活をしている青年。兄が自殺した22歳が目前に迫り、今の自分はいったいなにをしているのだろうかと自問自答。そんな中、彼は大学でひとりの女性に出会って愛し合うようになる。それでもうまくいかない家族関係。彼女との関係も気まずくなったりするのだが、それでもある残酷な事件をきっかけに、家族は絆を取り戻していく……、という青春ラブストーリー。この物語がどのような幕切れを迎えるかは、あえて言わない方がいいのだろう。しかしこの「仕掛け」がななくて、この映画は不器用に自分自身の生き方を模索する青年のドラマとして、映画を観る人の心に残る作品になったと思う。ではこの「仕掛け」がない方がいいのかというと、別にそういうわけでもない。映画の冒頭にあるショッキングなシーンと、映画の結末にあるオチ、主人公が恋人との初デートで交わす会話など、あちこちに最後の「仕掛け」を無理なく引っ張り出すための伏線が張ってある。

(原題:Remember Me)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

映画|カンフー・パンダ2

Kaufupanda ドリームワークスの長編CGアニメ『カンフー・パンダ』の続編。前作はでぶっちょパンダの主人公がいかにして伝説の「龍の戦士」になるかまでの物語だったが、この続編では主人公が既に一人前の戦士になっているので成長物語という枠組みが使えない。結局、世界を救うために主人公が仲間たちと戦うというヒーロー路線に、主人公の出生の秘密と復讐物語をからめたストーリーになった。内容的には前作の方が面白いと思うけど、今回の映画の売りは3Dになっていること。ただし3D映画は台詞を字幕で読むのが難しいため、今回の試写では日本語吹替版。ジャック・ブラックやアンジェリーナ・ジョリーといったボイスキャストの面白さはお預けだが、3Dアクションは見応えがあって楽しい。

(原題:Kung Fu Panda 2)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック