2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2011年2月13日 - 2011年2月19日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011.02.24

映画|引き裂かれた女

Hikisakareta クロード・シャブロル監督が、リュディヴィーヌ・サニエとブノワ・マジメル、フランソワ・ベルレアン主演で描くラブ・サスペンス。初老の有名作家が若い女を手玉に取ったと思ったら、そこに大きな落とし穴が待っていた……という話。20世紀初頭のアメリカで起きた「スタンフォード・ホワイト殺害事件」を、現代のフランスで再現するというのが作品の趣旨だったようだが、僕はそうした部分よりもサニエ分するヒロイン像に大いに興味を持った。たぶんこの映画はこのヒロインの存在によって、今現在の映画になり得ているのだと思う。作家の背徳的な暮らしはいささか図式的だが、リュディヴィーヌ・サニエを愛人にできるとはうらやましい。ブノワ・マジメル演じる御曹司が嫉妬に狂うのも、相手がサニエならまあ気持ちはわかる。それもこれも、僕がサニエのファンだからなんだけど。このヒロインに何かしらの魅力を感じられない人は、この映画はまったくダメだろう。春公開、シアター・イメージフォーラム。

(原題:La fille coupée en deux)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2011.02.23

映画|唐山大地震 -想い続けた32年-

Tozan 1976年7月28日、中国の唐山市で直下型の大地震が起こり、死者行方不明者24万人という大災害となった。この映画はその地震と、地震で家族を失った人々のその後を描く物語。離ればなれになった家族が最期に再会するという話だが、未曾有の天変地異で引き裂かれる家族、生と死の葛藤、母と子の愛情、家族の情愛などを、1980年代以降急激な経済成長を遂げる中国現代史を背景に描いて行く。この映画に登場する1970年代末から80年代の中国は、40歳代以上の日本人ならNHK特集「シルクロード」などでおなじみのもの。こうして観ると、中国がいかに猛スピードで経済発展を遂げたのかがよくわかる。物語の中には悪人が出てこないのがいい。(弱い人間は出てくるが、弱さが必ずしも悪というわけではないだろう。)映画の中には感動のポイントが何カ所も用意されているのだが、僕は2回ぐらい涙が出た。最初は母親が息子の乗るバスを見送るシーン。次はトマトにやられた。それで思ったのだが、要するにこの映画って「母もの」なんだよな……。生みの母と育ての母。自分が親になって知る母の愛……とか、そういう世界。3月26日公開、丸の内ピカデリーほか全国公開。

(原題:唐山大地震 AFTERSHOCK)

公式サイト
公式Twitter
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|キラー・インサイド・ミー

Killerinside ジム・トンプスン「おれの中の殺し屋」を、マイケル・ウィンターボトムがケイシー・アフレック主演で映画化した犯罪スリラー。1950年代のテキサスを舞台に、温厚で紳士的な保安官助手でありながら次々に冷酷な犯罪に手を染めて行く男を描く。主人公をめぐる2人の女性をジェシカ・アルバとケイト・ハドソンが演じているが、ジェシカ・アルバは男を手玉に取るセクシーな娼婦役なのに、ベッドシーンでもバストトップは決して見せない堅牢なガードぶり。ウィンターボトム監督の映画だと、『日陰のふたり』でケイト・ウィンスレットが一糸まとわぬ瑞々しいヌードを披露したりしていたので、ジェシカ・アルバへのこの気配りは、別に監督の演出意図や好みの問題ではないはず。ウィンターボトムには『9 Songs ナイン・ソングス』なんて作品もありました。ケイシー・アフレックとケイト・ハドソンはよかったな。4月16日より、ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開。

(原題:The Killer Inside Me)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2011.02.22

映画|ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路

Nannerl 天才作曲家モーツァルトには、子供時代から仲のよい姉ナンネルがいた。姉弟は父レオポルトに連れられてヨーロッパ各地を演奏旅行し、時には弟より姉の方が人気を得ることもあったようだ。しかし彼女は少しずつ弟に比べて目立たない存在となり、やがて表舞台から消えてしまう。この映画はそのナンネルを主人公にした物語。息子の才能に有頂天になる一方、「女に作曲は無理」と頭ごなしにナンネルの才能を否定する父。フランスの王太子ルイ・フェルディナンとのロマンス。ナンネルについての記録は少ないため、物語の多くはモーツァルト一家の記録から逆算されたフィクション。劇中でナンネルが作曲する楽曲などは、音楽担当のマリー=ジャンヌ・セレロが新たに書き起こしている。目に見えない女性差別や女性蔑視によって、ひとりの少女が自らの才能を封印して日常に埋もれて行く様子を描く悲劇……という点ではフェミニズムの匂いがする映画なのだが、何と言ってもこれは音楽映画として素晴らしい。4月上旬より、Bunkamuraル・シネマにて公開。

(原題:Nannerl, la soeur de Mozart)

公式サイト
■公式Twitter
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック