2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 | トップページ | 映画|トテチータ・チキチータ »

2012.02.15

映画|父の初七日

Chichi7days 父親が急死して葬儀を出すことになった兄妹のドタバタを、笑いをたっぷり交えながら描く台湾映画。伊丹十三の『お葬式』という映画があったが、その台湾版みたいな雰囲気もある。愛人も出てくる。ただし主人公の愛人ではなく、父の愛人だったのではないかという女姓だけれど。映画は真夏という設定なのだが、納棺が3日後で、火葬と納骨が7日後。『父後七日』という原題に『父の初七日』という邦題が付いているが、これは日本人が良く知っている法事として初七日の意味ではなく、父が亡くなって葬儀を終えるまでの7日間という意味だろう。真夏に遺体が痛まないのかと心配したら、そこはよくしたもので、葬儀用の冷蔵庫というものがあるのだ。これなら棺の中にドライアイスを詰めるより、ずっと高率がよさそうだ。ただし映画の中にはその冷蔵庫の現物が出てこなかったのが残念。映画は葬儀のディテールより、葬儀の周囲にいる人々のドタバタが描きたいらしい。道教の葬儀なんて日本じゃそうそう見る機会がないから、僕は葬儀の細部がもっと見たかったんだけどなぁ……。

(原題:父後七日)

公式サイト
公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/54000106

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|父の初七日:

» 映画・父の初七日 [読書と映画とガーデニング から]
2009年 台湾原題 父後七日(Seven Days In Heaven) 邦題には少々違和感あり 舞台は台湾中部・彰化県の片田舎父親が危篤という知らせに台北で働く娘アメイ(阿梅)は兄・ダージ(太志)と共に病院に駆けつけるしかし臨終には間に合わず病室では父親の身体からチュー...... 続きを読む

受信 2012/03/14 19:54:55

コメント

コメントを書く