2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012.04.26

映画|まだ、人間

Madaningen 東京のど真ん中で一人の男が殺され、男が持っていたはずの金が消える。男に金を預けていた達也は、男の婚約者だったルカを訪ねて手がかりを探す。同じ頃、達也の部屋に居候しているリョウは、達也に対する抑えきれない思いに苦しんでいた……。「金はどこに消えたのか?」「男を殺した犯人は誰なのか?」というミステリーの体裁から始まる物語だが、ストーリーは途中からそれを無視して主人公たち3人の愛憎劇へと脱線していく。殺された男についての手がかりを求め、達也とルカが関係者の間を調べて回るくだりは『市民ケーン』みたいだが、映画の軸足が別のところに移動してしまうので、こうした序盤のエピソードはまるで意味のないものに思えてしまう。物語は最後の最後に殺された男のエピソードに回帰してくるのだが、前半の押しがいまひとつ弱いのでこの回帰がストンと腑に落ちない。物語の本筋がまったくわからないまま、散りばめられた数々のエピソードが未回収のまま残るというヘンな映画。

続きを読む "映画|まだ、人間" »

映画|ちりも積もればロマンス

Chiritsumoroman 就職できずに一文無しになっている男が、小銭をちびちび貯めて資産作りに精出す女と知り合って、二人であれこれいろいろな商売に手を出すという物語。見栄っ張りの男が貯めたお金をデート資金に散財するかと思えば、女の方はケチケチしたデートでひたすら節約に励むという対比の面白さ。この二人は「金の使い道」についてはまったく指向を異にするものの、金儲けの方法や金銭感覚についてはへんに似通ったところがあるという面白さ。やがて二人の間にはロマンスが……という定番の展開。新手のスクリューボールコメディとしてまあまあ面白く観たのだが、映画導入部の引きの弱さや、物語の転がりの悪さといった脚本上の難点が多々見える。しかしそれを主演俳優たちの魅力でカバーしているのだろう。映画を観終わった印象はそれほど物足りないものでもない。

(原題:티끌모아 로맨스)

続きを読む "映画|ちりも積もればロマンス" »

2012.04.25

映画|プレイ ‐獲物‐

Laproie マイケル・クライトンに同名小説があるようだが、映画はそれとはまったく無関係なサスペンス・スリラー映画。強盗事件で得た金を隠して刑務所に入っている男が、連続殺人鬼から妻子を守るため刑務所を脱獄する。主人公は警察に追われ、連続殺人鬼は巧みな罠を仕掛けて、自分の犯した罪を主人公に押しつけようとする。二転三転どんでん返しというタイプの映画ではなく、ストーリー展開はゆるやかなカーブを描いてスピーディに突き進んで行く。主人公が警察と犯人の両方に追われるという展開はヒッチコック映画など巻き込まれ型サスペンスの系統だが、主人公が善良な罪なき男ではなく、強盗事件の犯人という一癖も二癖もある男である点がフランス映画だなぁ。最後が素直なハッピーエンドにならないところも含めて、アメリカ映画じゃあこうは行くまい。

(原題:La proie)

続きを読む "映画|プレイ ‐獲物‐" »

映画|映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?

Kamiusagi_rope TOHOシネマズの映画館で、本編前に上映されていた短編アニメの劇場版……つか、もともと短編も劇場で上映してた「短編映画」だったんですけどね。紙兎のロペと紙リスのアキラ先輩のゆるゆるな関係が、だらだらと1時間半続くのだ。どうでもいいけど、映画本編の長さよりタイトルの方が長いんじゃないのかね。この映画のタイトルを1度では覚えきれない。だいたいプレス資料を見ても、タイトルの表記がバラバラだったりするんだよな。僕は短編を「カレー編」しか見ていなかったのだが、まあ世界観としてはそれがそのまんま長編になっている感じ。会話のだらだらした感じは、まあ高校生はこんな感じなんだろうなぁ……という感じかも。自分も高校生の頃はあんなだらだらな話し方をしていたような気がする。

続きを読む "映画|映画 紙兎ロペ つか、夏休みラスイチってマジっすか!?" »

映画|HESOMORI ‐ヘソモリ‐

Hesomori 越前和紙の産地である福井県越前市の五箇集落。そこから近い山の中に「へそ」の入口はある。細い通路が複雑に入り組んだ洞窟だが、これは単なる洞窟ではない。その正体は過去と未来をつなぐタイムトンネルなのだ。この「へそ」の秘密を守り、外部からの侵入者を防いでいるのが、「へそ守」を自称する紙漉職人の一族だった。だが今から40年ほど前、地元の小学生5人組がこの「へそ」の秘密を知ってしまったのだった……。伝統工芸である越前和紙と、タイムトラベルSFがドッキングした異色のファンタジー映画。幕末の福井藩の侍が現代日本にタイムトラベルし、自分の守ろうとした世界の変わりように愕然とするシーンは見ていて切なくなる。キャスティングが豪華なためチープな感じがせず、荒唐無稽な物語に奇妙なリアリティが生まれている。

続きを読む "映画|HESOMORI ‐ヘソモリ‐" »

2012.04.22

映画|仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

Rider_vs_sentai 歴代仮面ライダー全部と、歴代スーパー戦隊全部が、互いの存亡を賭けて戦うというウソみたいな企画の映画。この手の「○○VS××」は実際には戦わず、タッグを組んで巨大な悪と戦うというパターンが多いのだが、この映画は(少なくとも映画の中盤までは)本当の本気で双方が戦いに火花を散らせているのが異色であり異様だ。話としては「仮面ライダーディケイド」と「海賊戦隊ゴーカイジャー」が互いの能力を使って戦うのがメインで、それ以外のライダーや戦隊はそこに巻き込まれていく形になる。しかしシリーズ1作目の「仮面ライダー」や「秘密戦隊ゴレンジャー」から、最新作で現在放映中の「仮面ライダーフォーゼ」や「特命戦隊ゴーバスターズ」までが次々登場する様子は圧巻。特に両陣営が左右に分かれて一斉に戦うシーンには言葉を失う。絵柄的には運動会の騎馬戦なのだが、戦っているのが全部仮面ライダーやスーパー戦隊なのだから口アングリだ。

続きを読む "映画|仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦" »

2012.04.18

映画|私が、生きる肌

Watashigaikiruhada ペドロ・アルモドバルの新作は、主演にアントニオ・バンデラスを迎えた豪華版。しかし中身は思い切り変態。どのくらい変態かというと、アントニオ・バンデラスが『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスを演じているようなものだと思えばいい。バンデラス演じる外科医宅はレザーフェイスの家のようなゴミ屋敷ではないが、その中にいる人間たちがみんなどこかオカシイという意味では共通している。こんな家に連れ込まれたら最後、もう無事に生きては出られない。バンデラスはこの映画の中で最大のモンスターなのだ。物語自体はシンプルだが、やっていることが無茶苦茶なので、細かく分析して批評しようとすると手間がかかりそう。セクシャリティを取り上げているのは相変わらずなのだが、その描き方が強烈。このアイデアはすごいと思うけど、たぶんもう誰も使えない。

(原題:La piel que habito)

続きを読む "映画|私が、生きる肌" »

映画|ベルフラワー

Bellflower 『マッドマックス』が大好きな男二人組が、中古のポンコツ自動車を改造して作り上げた究極の車をぶっ飛ばす!みたいな話かと思ったら、中身はどうしようもなくウブな失恋ラブストーリーだった。酒場で出会った女と半同棲に近い幸せな日々を送っていたら、彼女が別の男とデキてしまってあっけなく失恋。身もだえするような苦しみの中で、男の狂気じみた妄想が突っ走っていく。映画終盤はどこまでが現実でどこからが妄想なのかまったく区別がつかず、たぶんそうした区別をすることすら意味がないのだろうと思わせるプチ・デヴィッド・リンチ状態。火炎放射器とか特殊改造の車とかが出てくる割には、それがあまり活躍しなかったのが残念と言えば残念か。これらのアイテムは男性の何らかの欲望を象徴しているわけで、それらが活躍しないということは、要するにそういうことなのかなぁ……と思ったりもする。デジタル撮影だがカメラに特殊な改造をしているらしく、全体に荒々しいタッチの物凄い映像になっている。

(原題:Bellflower)

続きを読む "映画|ベルフラワー" »

2012.04.16

映画|サニー 永遠の仲間たち

Sunny 40代の主婦ナミが母を見舞った病院で偶然再会した高校時代の親友チュナ。彼女はガンに冒され余命2ヶ月と診断されていた。「昔の仲間たちに会いたい」という彼女の願いをかなえようと、興信所を使ってひとりずつ高校時代の仲間たちを探し出すナミ。しかし25年の月日はかつての少女たちの姿を大きく変えていた……。いろいろと不自然なところもある物語だが、随所にある映画的な映像マジックに引き込まれてそれを忘れさせられてしまう作品。主人公が母校に向かう坂道を歩いていると、そこからカメラがぐるりとパンして時間が25年前に戻るところなど、月並みな演出ではあるがドキドキしてしまう。話のアイデアとしては『再会の時』(1983)あたりに似ているわけだが、僕は彼女たちとほとんど同世代なので他人事ではないなぁ……という感じだ。(チュナの生年が1968年という設定だが、僕は1966年生まれ。)

(英題:Sunny)

続きを読む "映画|サニー 永遠の仲間たち" »

2012.04.13

映画|ライジング・サン 〜裏切りの代償〜

Risingsun デビッド・バウティスタ主演のアクション映画。元警官で違法カジノの用心棒をしていた主人公が、カジノを襲撃した強盗犯の行方を追う中で巻き込まれて行く陰謀。警官と組織の両方に追われる主人公に、抜け出す道はあるのか? 元プロレスラー主演の映画だが、アクションが売りというワケではない。超人的なアクションはなくて、わりとリアルな格闘やガンアクションが続く。物語はミステリー仕立てだが、ミステリーとしての面白さはあまりない。最初に怪しいと思われる人間が、結局怪しいからだ。主人公を裏切る意外な人物も、映画の割と早い段階でバラされてしまう。では何が面白いかというと、これは無実の主人公がひたすら追い込まれ、追い詰められていく、巻き込まれ型スリラーのような面白さだろう。

(原題:House of the Rising Sun)

続きを読む "映画|ライジング・サン 〜裏切りの代償〜" »

2012.04.09

映画|どんずまり便器

Donzumari 小栗はるひ監督の長編劇場映画デビュー作。両親を早くに亡くしてふたりきりで生きてきた姉と弟。だが姉は傷害事件を起こして服役し、出所して来ると弟と同棲中の恋人にあれこれとひどい仕打ちをするようになる。姉は弟の恋人に言う。「わたしは弟とセックスしたことがある」と。弟はそれを否定するのだが……。姉を演じた菜葉菜がじつにいい。いつも怒っていて、ふて腐れていて、出会う人たちすべてを挑発する。たいへんなトラブルメーカーで、凶暴にして凶悪。しかしそれでもどこか可愛いところが残っているのが彼女の魅力なのだろう。

続きを読む "映画|どんずまり便器" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »