2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012.10.30

映画|007 スカイフォール

Skyfall ダニエル・クレイグ主演の007シリーズ3作目。シリーズとしては23作目だが、1作目の『007/ドクター・ノオ』が1962年製作なので、シリーズ誕生からちょうど50年目という記念すべき作品になっている。試写の前に「ネタバレはやめて」と配給会社に念押しされたが、こういうのは一体どこからどこまでがネタバレなんだろうか? 今回の映画では007の「老い」や「衰え」がひとつのテーマになっているが、報道によればダニエル・クレイグ本人も「ボンド役をやるには自分は年を取りすぎてきている」と言っているとのこと。それでもあと2作品の出演契約が残っているそうだから、最終的には50歳ぐらいまでボンドを演じるのだろうか。ちなみに歴代ボンドが正規シリーズの中で何歳までボンドを演じていたかというと、ショーン・コネリーは53歳(『ネバーセイ・ネバーアゲイン』でボンド役に復帰した時の年齢)、ジョージ・レーゼンビーは30歳(1作のみ)、ロジャー・ムーアは58歳、ティモシー・ダルトンが43歳、ピアース・ブロスナンが49歳といった具合。こうして並べると、クレイグが「もう次のボンドはない」と言うのも何となくわかる。ボンド役としては、引退してもおかしくない年齢なのだ。でもこの映画を観ると、次も必ず観たくなるよ。

(原題:Skyfall)

続きを読む "映画|007 スカイフォール" »

2012.10.25

映画|シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語

Cds3d 映画は貧乏人の娯楽だ。劇場で観れば何万円も取られかねない一流のショーを、2千円に満たない入場料で観られるのだから。この映画はラスベガスで上演されているシルク・ドゥ・ソレイユの7つのショーから見どころを抜粋し、ひとつの物語風にまとめ上げたスペクタクル・エンタテインメント。もちろん実際のショーを生で見た方が迫力はあると思うが、この映画は同時に複数のショーのハイライトシーンが観られるのに加え、クロースアップからロングショット、あおりや俯瞰など、さまざまな角度からショーを観ることができる。3Dだから臨場感もたっぷりだ。ところどころにハイスピード撮影やCGによる世界観の描写など映画ならではの演出も加え、冒頭からラストまで見どころ満載の構成になっている。これを観れば、シルク・ドゥ・ソレイユのショーを実際に観た気分になれると同時に、本物のシルク・ドゥ・ソレイユのショーを観たくもなる。台詞は英語で日本語字幕が入るが、全体に台詞は極端に少ないパントマイムの世界だ。

(原題:Cirque du Soleil: Worlds Away)

続きを読む "映画|シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語" »

映画|ゲットバック

Getback 銀行強盗で8年の服役を終えた主人公。だが彼を待っていたのは、「隠した金から俺の分け前を寄こせ」とごねるかつての仲間たちだった。奪った金は逮捕される直前に、証拠品になるのを避けるため焼き捨ててしまった。分け与える金などないのだ。だが昔の仲間は主人公の娘を誘拐して、分け前がないなら娘を殺すと脅迫する。男に残された道は、再度の銀行強盗しかなかった……という物語。ストーリーは面白いのだが、2度目の強盗があっさり成功しすぎてしまって拍子抜け。ここが後半最大の見せ場になりそうなのに、そうならないので映画が尻すぼみになっているような気がする。そうは言っても十分満足できる内容ではあるが、満足と満腹は違うんだよな。2度目の強奪シーンがもっとしっかり仕上がっていれば、映画を観た後に満腹になれたのになぁ……。

(原題:Stolen)

続きを読む "映画|ゲットバック" »

映画|少女と夏の終わり

25tiff かつて林業が栄えた山間部の村で、中学生の少女たちが少し大人への一歩を踏み出して行く。大人になって行くことへの憧れや楽しさではなく、大人になって行くことに対する不安や恐れを描いている作品。いつまでも子供のままでいたいと思っていても、否応なしに少女たちは大人になっていく。自分も変わり、それに連れて周囲も変わっていく。その変化に抗おうとしても、抗い続けることは出来ない。そんな人生の節目の時期を、小さな事件を積み重ねながら描いていく作品だ。村は平穏な場所ではあるが、10年前に起きた忌まわしい事件を通して、この物語の背後には目に見えない「死」がじわりと暗く不吉な影を落とす。寂れて行く林業。枯死して行く森。死んだ熊。村は少しずつ死んでいくのだ。この暗さが、この映画の特徴でもある。だが映画はこの村がそのまま滅んでしまうと言っているわけではない。村の再生に向けたかすかな希望を見出したところで、映画は幕を閉じるのだ。

続きを読む "映画|少女と夏の終わり" »

映画|恋の紫煙2

Loveinthebuff 2年前の東京国際映画祭で上映された香港中国合作映画『恋の紫煙』(原題:志明與春嬌 Love in a Puff)の続編。僕は前作を未見だが、続編が作られるぐらいだからおそらくヒットした人気作なのだろう。今回の続編だけ観てもとても面白く、これはぜひ前作も観てみたい。どこかで配給権を買って、2部作同時上映にしてくれないだろうか。仲の良かった恋人同士が気持ちのすれ違いから別れてしまい、男はひとり北京に赴任して行く。現地で新しい彼女も出来て、それなりに充実した毎日。ところがそこに、偶然北京に赴任してきた元カノがやって来て、映画のような偶然の再会となったことから(映画なんだけど)焼けぼっくいに火が付いてしまう。男は新しい彼女と元カノの二股交際。女の方もそれはそれで割り切ろうとする。だってまた付き合っても、前と同じようにダメになるのは目に見えている。ところが会ったり離れたりしているうちに互いの思いは募り、お互いが今一番必要としているのが誰なのかが見えてくる……という、実際にありそうなストーリー。僕自身は元カノとぐだぐだという経験はないんだけど、男の未練がましい気持ちはわかるような気がしました。

(原題:春嬌與志明 Love in the Buff)

続きを読む "映画|恋の紫煙2" »

2012.10.24

映画|あかぼし

25tiff 夫が突然失踪して戸惑いと悲観と絶望と怒りで心をすり減らしていた主婦が、新興宗教に勧誘されて家庭集会に参加し、週末ごとに小学生の息子と行う戸別伝道活動の中に自分の居場所を見出す。だが自分が勧誘した新会員が自分以上の勧誘成績を上げると、自分の居場所がなくなることを恐れて組織を飛び出し、独自の活動を始めるようになる。母親の宗教活動にウンザリしている息子ではあるが、母親を愛するがゆえにその活動と行動を共にする……という映画。劇中に登場する新興宗教は「しるべの星」という架空の名前になっているが、子連れの戸別訪問や教団パンフの配布などのスタイルからは、エホバの証人をモデルにしていることが明らか。ただし映画の作り手の関心はエホバの証人の活動や信仰にあるわけではなく、家庭の中で疎外されながらも親の愛にすがろうとする子供の姿を追うことにある。低予算ながら2時間20分の大作。見応えのある映画だった。

続きを読む "映画|あかぼし" »

映画|ブワカウ

Bwakaw 一人暮らしをしているゲイの老人レネと、彼の飼う愛犬ブワカウの物語。レネは糖尿病の持病があるようだが、それ以外は至って健康。しかし身辺の荷物を整理したり、遺品の分配について遺言状を準備したり、挙げ句には死んだ時のために自分の棺まで買っておくなど、自分が死ぬことばかり考えている。死に取り憑かれた男なのだ。そのレネが、いかにして生きる気力を取り戻すかというのがこの映画の筋立てだが、全編笑いあり涙ありの人情ドラマで、観ていて実に楽しい。決して豊かに暮らしているわけではない種々雑多な人々が、ゴチャゴチャと入り交じりながらひとつの世界を作っていくのは、昔の日本映画によくあったコメディのパターン。寅さん映画などにも通じる世界かも。犬の映画なので、犬好きはたまらんだろうと思う。登場する役者たちは皆芸達者な芝居を見せるが、一番の演技派は犬のブワカウだろう。これは映画の完成度も高いし、社会情勢や歴史についての予備知識も不要。日本人にもちゃんとわかる映画だと思う。日本でも公開してほしい。観られて良かった。

(原題:Bwakaw)

続きを読む "映画|ブワカウ" »

映画|兵士、その後

Iniavan 1983年から2009年まで断続的に続いたスリランカの内戦。独立を目指すタミル人武装勢力は政府軍に敗北して長い内戦はようやく終わり、かつての兵士たちは故郷の村や町へと帰還する。この映画の主人公もそんな帰還兵のひとりだが、彼は故郷で快く迎え入れられたわけではない。「お前が声をかけて戦場に連れて行った男たちはみんな死んでしまったのに、なぜお前だけが生きて帰ってきたのだ!」と非難され、石つぶてを投げられる暮らしが待っている。将来を誓い合った恋人は別の男と無理やり結婚させられた挙げ句、子供を生んで未亡人になっている。仕事はない。金がない。近所の住人たちからは嫌がらせを受ける。そんな彼がようやくつかんだのが、貴金属店のガードマンの仕事だったのだが、この店の店主には裏の顔があった……。主人公が非合法な商売に巻き込まれていくあたりからは、かなりハードボイルドなタッチ。「なぜ自分は戦争で死ななかったのだろうか」と気に病む主人公と、「何が何でも生き抜いた者が勝ちだ」と啖呵を切るヒロインの対比。サスペンス映画としてはぬるいところもあるが、これはこれで面白いのだ。

(原題:Him, Here After)

続きを読む "映画|兵士、その後" »

2012.10.22

映画|ニーナ

25tiff バカンスシーズンのローマ。人影もまばらになった市内でペットシッターのアルバイトをしているヒロインが、ひとりの青年に出会って恋をするという物語。しかしこの恋は成就しない。彼女が交際のわずらわしさを嫌って、彼との関係に距離を置いてしまうためだ。誰かと新しい関係を作ることで、自分自身を変えたくないし、変えられない。この映画のヒロイン像は、結婚したいと婚活に精を出しつつ、いつまでたっても結婚できない多くの日本の女性たちに相通じるところがあると思う。誰かと付き合えば、自分の生活は、自分の生き方は、否応なしに変化するだろう。その変化を受け入れて自分の予期できない世界に踏み出して行くより、自分自身の足で、自分の思うように人生を歩いて行く快適さを選ぶ。付き合うとしたら年下の男の子がいいかも。そうすれば、男に振り回されることなく、自分のペースで仕事も趣味もエンジョイできるしね……。この映画は交際に踏み出せないヒロインの「悲劇」を描いているわけじゃない。交際に踏み出さない生き方もアリだよね、と、ヒロインの生き方を肯定しているのだ。まあ若いうちはそれでもいいけどさ、このヒロインも40歳になったら考え方が変わるかもね。

(原題:Nina)

続きを読む "映画|ニーナ" »

映画|アクセッション — 増殖

Accession 何度か関係を持った女友達から「あたしHIVに感染してんの。あんたも調べた方がいいわよ」と言われた青年が、病気への恐怖からとんでもないことをしでかすという話。全編主人公の青年のクローズアップが延々続き、それ以外のショットがほとんどない。映像は最初こそカラーだが、主人公が心理的に追い詰められて行くにつれて荒涼としたモノトーンの映像に変化し、最後は完全にモノクロームになってしまう。作り手の狙いはわかるが、観ていてもぜんぜん楽しくない映画。楽しくない映画があってもいいし、アンハッピーエンドでもいいし、主人公が人倫に反する行為をしたって構わない。そんな映画はこれまでに山のように作られていて、その中には傑作だってあるだろう。しかしこの映画はやりきれない。結局これは、映画的に楽しいところがないからなのだ。映画的な興奮。映像作品としての醍醐味。スクリーンを観ていて「まさにこれが映画だ!」と唸るような場面が、主人公周辺にひとつもない。主人公は徹底して嫌なやつで、嫌悪感しか感じられない。その嫌悪感はどんどん高まり、殺意すら感じてしまう。まあそういう意味では、映画が観客の期待に応えるという意味で、これは一風変わったハッピーエンドなのかもしれないな。

(原題:Accession)

続きを読む "映画|アクセッション — 増殖" »

2012.10.21

映画|宇宙刑事ギャバン THE MOVIE

Gyaban メタルヒーロー30周年を記念して作られた、往年の人気特撮ヒーロー番組「宇宙刑事ギャバン」の映画版。今回はリブートではなくテレビ版の続編になる。テレビの続編は主演の大葉健二を招いて映画『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』が作られているし、今回の『THE MOVIE』とのコラボ作品として現在放送中の「特命戦隊ゴーバスターズ」へも新ギャバン役の石垣佑磨がゲスト出演している。これらのゲスト出演作がかなり盛り上がっていたので今回の映画は大いに期待していたのだが、結論から言えば少しガッカリさせられた。地球の危機だ、宇宙の危機だと大きな風呂敷を広げながら、やっていることが幼なじみ同士での女の取り合い。しかも女性本人の気持ちをまったく無視して、男たちだけが勝手に盛り上がっているというバカバカしさ。男ふたりと女ひとりの三角関係というのは、『突然炎のごとく』や『冒険者たち』などでも取り上げられている定番の人物配置だから、作りようによってはもっとドラマチックに、面白い映画が作れたと思うんだけど。

続きを読む "映画|宇宙刑事ギャバン THE MOVIE" »

2012.10.17

映画|推理作家ポー 最期の5日間

The_raven 実在の作家エドガー・アラン・ポーが、自らの小説を模した連続殺人事件に巻き込まれて命を落とすというサスペンス・ミステリー映画。ポーの死は実際に謎めいたものだったそうだが、この映画は彼の死の謎と、不幸に付きまとわれてアルコールに溺れたポーの実人生、探偵小説、冒険小説、耽美的なゴシックホラーまで手掛けたポーの作品世界を一望しつつ、ロマンスと冒険と苦渋に満ちたポーの最期の数日を虚構を交えて描いていくエンタテインメント作品だ。ポーの作品を知らなくても楽しめるとは思う。僕もポーの「大鴉」(この映画の原題)は読んでいない。でも多少ポーの作品を読んでいると、より面白いのだろう。映画の中で引用元とはされていなかったけれど、主人公が自分の分身のような男に追い詰められていくという筋立ては「ウィリアム・ウィルソン」だろうな。

(原題:The Raven)

続きを読む "映画|推理作家ポー 最期の5日間" »

2012.10.11

映画|恋のロンドン狂騒曲

Koinorondon ウディ・アレン監督のラブコメディ。最近は年に1本ペースで新作を発表しているアレンだが、これは2010年製作で、順序としては既に公開されている『ミッドナイト・イン・パリ』の前に製作されている。恋のときめきを求めた登場人物たちが、どんどん不幸になって行くという目も当てられないほど悲惨な喜劇だ。ドツボにはまった当人たちにとっては悲劇としか言えない話だろうが、他人の悲劇は赤の他人にとっては喜劇になる。それにしてもまあ、よくもまあ、ほんとにまあ、意地悪な話だよなぁ……。こんな話をうっかりカップルで観に行ったら大変なことになるぞ。……といった理由で、日本公開が遅くなったのかもしれないけどね。でもこういう映画を観ながら、一緒に仲良く笑える相手となら楽しい時間が過ごせるかも。というか、幸せなカップルというのはこういう話を観ていても、自分たちとは関係のない他人事だと思っているんだろうけどね。ウディ・アレンの映画は最近すっかりご無沙汰だったのだが(単に試写にも劇場にも行かなかっただけだけど)、アレンの映画はストーリーより話術で見せる映画になっている。そこにあるアレン作品のたたずまいだけでもう面白いのだ。

(原題:You Will Meet a Tall Dark Stranger)

続きを読む "映画|恋のロンドン狂騒曲" »

映画|009 RE:CYBORG

009recyborg 石ノ森章太郎の「サイボーグ007」を原作にした長編3DCGアニメ。僕は原作のそれほど熱心なファンではなかったけれど、今回の映画は違和感ありすぎだ。映画の冒頭からラストシーンまで、9人のサイボーグが一度も勢揃いしない009なんて許せるか? お馴染みの赤いユニフォームと黄色いマフラー姿で、9人がずらりと勢揃いする場面が見たいのに、なぜそれを見せてくれないのだ。ファンがこの勢揃いを見たがっていることは、映画の作り手だって知っているはずだ。だからこそ映画の予告編でも、9人が赤いユニフォームで勢揃いした場面を見せている。なぜこれが本編中にないのだろうか。映画を観終わった印象は、長い長いパイロットフィルムを見せられたような気分。登場人物たちの背景が見えてこないし、ばらまかれた伏線も回収されないまま映画自体が終わっている。009の原作も過去のアニメ作品も知らず、いきなりこの映画を観た人には内容が理解できるのか?

続きを読む "映画|009 RE:CYBORG" »

2012.10.09

映画|合衆国最後の日

Gasyukoku_saigo 1977年に製作されたバート・ランカスター主演のポリティカル・サスペンス映画。脱獄囚たちが軍のミサイル基地を乗っ取って、米国政府に対して莫大な身代金と秘密文書の公開を迫る。その秘密文書とは、冷戦で敵対するソ連に米国の断固たる姿勢を見せつけるため、米軍が不必要な人員を戦地に投入して犠牲にしているという事実を記したものだった。軍はこの秘密を守るため、ミサイル基地乗っ取り犯たちを抹殺しようとするのだが……。2時間半近い大作だが、現在の視点で見ると照明の当て方がフラットでセットが安っぽく見えてしまうし、画面分割もありふれた手法に見えてしまう。しかしアメリカという国が体質的に戦争を欲する、戦争なしに成り立たない国だという描写や、大統領すらこうした国の体制に抗うことができないという描写は今日でも通用するような気がする。

(原題:Twilight's Last Gleaming)

続きを読む "映画|合衆国最後の日" »

2012.10.05

映画|JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]

Japaninaday 『LIFE IN A DAY 地球上のある一日の物語』『ブリテン・イン・ア・デイ』に続く、投稿動画をもとにしたドキュメンタリー映画の第3弾。製作はフジテレビとスコットフリー。東日本大震災からちょうど1年後の、2012年3月11日に起きた出来事をつないで1時間32分の映画にしている。これはいい。とてもいい。すごく感動的。帰宅してからネットでこの映画の予告編を見たが、別にエルトン・ジョンの「僕の歌は君の歌」とか使われてませんけどね。あと予告編に登場する動画素材の半分以上は、実際の本編には使われていない。この予告編は、映画のために動画を投稿しながら本編に採用されなかった人に対する、製作者側からのごほうびみたいなものですね。短い投稿動画をつないでいく、編集の技に感心。また映画全体にぴったり寄り添うように流れる音楽もよかったなぁ。

(原題:Japan in a Day)

続きを読む "映画|JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ]" »

映画|リンカーン/秘密の書

Lincoln 今年はスピルバーグのリンカーン伝も製作されているが、こちらはティム・バートン製作のファンタジックなリンカーン一代記。丸太小屋からホワイトハウスへと登り詰めたリンカーン大統領には、人々に知られていないもうひとつの顔があった。幼い頃にヴァンパイアに母親を殺されたリンカーンは、その復讐のためヴァンパイア・ハンターになったのだ。特製の斧を振り回しながら、ヴァンパイアたちをバタバタとなぎ倒してゆく アクションが映画の見どころ。しかしヴァンパイアは自分の同族を殺せないというのは面白い設定だと思いつつ、それなら人類全体がヴァンパイアになってしまった方が、世界は平和になるんじゃないだろうか……と思ったりもする。まあ実際にはそうならず、ヴァンパイアは自分たちの食料調達のために、一定数の人間を奴隷として飼っておく必要があるんだけどね。

(原題:Abraham Lincoln: Vampire Hunter)

続きを読む "映画|リンカーン/秘密の書" »

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »