2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012.03.06

映画|孤島の王

Kotonoou マーティン・スコセッシの『シャッターアイランド』はひとつの島が丸ごと全部精神病院という話だったが、この映画はひとつの島が丸ごと少年院という話。1900年から1970年までこの島は実在していて、映画はそこで起きた実話がベースになっているという。少年院の所長をステラン・スカルスガルドが演じている以外は、日本ではまったく無名のキャスティング。しかしこれが、先々何が起きるかわからないというサスペンスを盛り立てる。入所者に対する虐待が恒常化して、入所者たちが無気力になっているところに、反抗的な新参者が入ってきて全体が活気づくという展開は『カッコーの巣の上で』にも似ている。古参の入所者が何かと新入りの世話を焼き、やがて親友のような関係になるというのは『ショーシャンクの空に』だろうか。キリスト教主義の施設で子供たちが大人に苦しめられるという点では、『マグダレンの祈り』の少年版みたいでもある。孤島の刑務所は『アルカトラズからの脱出』だ。しかしこの映画をこの映画たらしめているのは、雪や霜に包まれ凍てつく島の風景だろう。

(原題:Kongen av Bastøy)

公式サイト
公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|アーティスト

Artist 今年のアカデミー賞で、作品賞・監督賞・主演男優賞・音楽賞・衣装デザイン章の5冠を達成した話題のフランス映画。映画界がサイレントからトーキーに移行する1920年代末から1930年代初頭のハリウッドを舞台に、サイレント映画の大スターがトーキーを拒絶してあっと言う間に過去の人になり、彼に恋する新人女優がみるみるうちに大スターへと駆け上がっていく様子を描く。プロットだけ見ると過去に何度も映画化された『スタア誕生』の焼き直しみたいだが、ヒロインが人気スターの手助けなしに自力でスターになってしまうあたりが現代の映画かもしれない。全編モノクロサイレント(音楽がシンクロするサウンド版)で、スクリーンサイズもスタンダードというのがオールド映画ファンには嬉しいではないか。サイレントからトーキーに差し掛かる時代のハリウッドを描いた映画としては『雨に唄えば』が有名だが、『アーティスト』の導入部はまるっきり『雨に唄えば』をなぞっている。映画史的には『雨に唄えば』の方が正確に当時の様子を描いていて、『アーティスト』はちょっと時代背景をごまかしてるけど、まあそれはそれとして許容範囲だろうな。

(原題:The Artist)

公式サイト
■公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

10:00 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック