2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

2012.03.30

映画|ラム・ダイアリー

Rumdiary 『ラスベガスをやっつけろ』の原作者でもあるハンター・S・トンプソンの自伝的な小説を、ジョニー・デップ主演で映画化したもの。1960年のプエルトリコを舞台に、飲んだくれ新聞記者の目の前で展開する支離滅裂でデタラメな日々を描く。当時のプエルトリコの様子や新聞社の様子などが興味深く再現されているのだが、映画としては高く飛翔することなく低空飛行。1937年生まれのトンプソンが1960年にプエルトリコに行った時は、まだ20代前半の若造だった。若造ライターだからこそ成立する話を、間もなく50に手が届こうかというジョニー・デップが演じるのは苦しい。これは主人公を別の若い俳優に演じさせて、ジョニー・デップが出演するなら別の役を演じればよかったのだ。劇中でアーロン・エッカートが演じた怪しいブローカーのサンダーソンでもいいし、マイケル・リスポリが演じたカメラマンでもいい。何ならリチャード・ジェンキンズが演じた編集長役だってよかった。たぶんそんなことはジョニー・デップも百も承知なんだろうけど、この企画を実現するためには自分が出演しないと出資者が集まらないと判断したんだろうなぁ……。

(原題:The Rum Diary)

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック