2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年5月20日 - 2012年5月26日 | トップページ | 2012年6月3日 - 2012年6月9日 »

2012.06.01

映画|スリープレス・ナイト

Sleeplessnight 犯罪組織による麻薬取引の情報をキャッチした刑事が、この麻薬を横取り。だが相手に顔を見られて身元がばれ、一人息子を誘拐されてしまった。息子の命が惜しければ、麻薬を返せというのだ。だが受け渡し場所のナイトクラブに行った刑事を、内務調査の女刑事が尾行していた。彼女は刑事が隠した麻薬を見つけて別の場所に隠してしまう。刑事は息子を取り戻すために必要な麻薬が消えたことで、パニックになるのだが……。刑事が麻薬を奪うのが朝で、映画が終わるのは翌日の朝。お宝を巡って、主人公の刑事、犯罪組織、それと取引のある別の犯罪組織、主人公を追う刑事などがぐるぐる動きまわるサスペンス・アクション映画だが、映画の中では麻薬の入ったバッグと、人質になっていた刑事の息子という2つのお宝があり、これが物語の展開を鈍くしているような気もする。麻薬入りのバッグはどこに消えたのだ? クロースアップを多用し、時として小型ビデオカメラなども利用した撮影が、テレビ時代の臨場感を生み出すわけだが、試写室の最前列で映画を観ていると結構しんどいなぁ……。

(原題:Nuit blanche)

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

02:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2012.05.29

映画|ぼくたちのムッシュ・ラザール

Lazhar モントリオールの小学校で担任を受け持つ女性教師が自殺し、代用教師として雇われたアルジェリア人移民のバシール・ラザール。前任教師の死をタブー視して不可視化してしまおうとする学校側に対して、ラザールは「子供たちを死と向き合わせるべきだ」と主張する。だがそのラザールにもまた、学校側に隠している大きな秘密があった……。映画のテーマは「愛する人の死をどう乗り越えて行くか」であり、人が親しい人の死を受け入れて消化して行く通過儀礼についての映画だと言える。子供たちにとってラザールと過ごした時間が通過儀礼となり、ラザールにとっても子供たちと過ごした時間が通過儀礼となる。体罰はもちろんハグなども禁じられ、子どもにどう接していいか戸惑う教師たち。あれこれと権利を要求する親たちなど、日本でも共通しそうな問題がいろいろと描かれていて面白い。

(原題:Monsieur Lazhar)

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2012.05.28

映画|ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して

Bigyear 1年に何種類の野鳥を観測できるかという記録に向けて、3人の男たちがドタバタレースを繰り広げるコメディ映画。奇想天外な話のようだが、映画は実話にもとづいているという。記録に挑む3人の探鳥家を演じるのは、ジャック・ブラック、オーウェン・ウィルソン、スティーブ・マーティンの3人。これだけでもかなり豪華なキャストだが、それを支えるキャスティングも豪華。ブライアン・デネヒー、アンジェリカ・ヒューストン、ロザムンド・パイク、ダイアン・ウィースト、ジョベス・ウィリアムズなどなど。監督は『プラダを着た悪魔』でファッション誌の内幕をコメディにしたデイビッド・フランケル。原作は日本でも翻訳出版されて、国内の探鳥家たちにも話題になっていたようだ。当時はスピルバーグがドリームワークスで映画化するという話があったらしいが、結局20世紀フォックスで映画化。2010年に製作されて日本未公開のままだったが、今回エスピーオー配給で日本公開。楽しみにしていた方々には朗報であろう。

(原題:The Big Year)

公式サイト
公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|プンサンケ

Poongsan 北朝鮮と韓国を遮る非武装地帯を自由自在に往復し、北から南へ、南から北へと物品を、時には人間までも運ぶ男がいる。本名も出自も誰も知らない。ただ吸っているタバコの銘柄から「プンサンケ」と呼ばれている無口な男だ。その噂を聞きつけた韓国情報部は、北朝鮮政府の機密情報を持って亡命した高官のリクエストに応えて、彼の若い愛人を韓国に入国させる。だが命の危険があるこの軍事境界線横断の中で、プンサンケと女の間には絶ちがたい絆が生まれていた……。韓国と北朝鮮の南北対立を描いた映画だが、そこにどちらの陣営にも属さず、それでいて韓国や北朝鮮から離れることもできない男を主人公にした面白さ。男の正体は最後まで不明で、彼は最後まで一言も言葉を発しない。彼は一種の幽霊のような存在だが、その幽霊が、ひとりの女の前でだけ人間に戻るというラブストーリー。

(原題:풍산개)

■公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック