2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月30日 - 2012年10月6日 »

2012.09.27

映画|ザ・レイド

Theraid インドネシアの麻薬王を逮捕するため、犯罪者たちの巣窟となっている古いアパートを急襲した20人の警官たち。だが敵はこの事態を予期していたかのように、鉄壁の守りで警官たちを撃退する。外部との交信を遮断され、次々と敵弾に倒されていく警官たち。脱出も不可能。応援もない。孤立無援のまま生き残った警官たちが、生き残りのためにできることは何か……。映画冒頭がいきなりイスラムの祈りで始まるという、インドネシアならではの描写。警官たちが敵陣に乗り込むまでがプロローグで、その後は情け容赦のない銃弾の雨。銃弾がなくなればナイフ、ナタ、棍棒が振り回され、それも尽きれば拳や蹴りが飛び交う肉弾戦。これも手数が半端じゃない。立ち回りでは、敵の急所をナイフで素早く何度も繰り返し刺すというリアルな描写もあるが、格闘対決になると殴ろうが蹴ろうが何度も立ち上がって死闘を繰り広げるわけで、このあたりはリアリズムを超えたファンタジーになっている。それでもこの映画は面白い。最初から最後まで手に汗握って、一瞬たりとも目が離せない。

(英題:The Raid: Redemption)

公式サイト
■公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録

Us4 銀座シネパトスで公開される、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演映画2本立てのうちの1本。もう1本は『ハード・ソルジャー 炎の奪還』だ。メールで届いた最終試写の案内に、「トキメ筋肉祭り」という惹句があって、これに心引かれてしまった。他の試写を観に行く予定にしていたのに、つい観てしまいましたよヴァン・ダムの新作ユニソル。どういうわけか僕はこのシリーズを全部観ているのだが、今回の映画は前作『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』と同じジョン・ハイアムズ監督作。だとすれば前作の続編ということなのだろうが、ユニソルの設定も含めてこれまでの作品とはだいぶ毛色が違う。映画のクライマックスを観てびっくりしたのだが、これって『地獄の黙示録』じゃん。そうか。『Day of Reckoning』は黙示録に書かれている「審判の日」のことでもあるが、それって『Apocalypse Now』という意味だったのね……。今回の映画はシリーズの中でも最も残酷で血なまぐさい描写が続く。何しろ映画の冒頭で、小さな女の子がいきなり頭に大型拳銃の弾を撃ち込まれて殺されるのだ。その後も拳銃の弾を食らう、至近距離から撃たれたショットガンで体ごと壁に吹っ飛ばされる、斧で指先や足を切り落とされる、山刀がアゴから頭に貫通する、バットで頭を半分吹き飛ばされるなど、血糊のオンパレード。もうこれ1本でお腹いっぱいになってしまい、2本目の『ハード・ソルジャー』を観ないまま別の試写室に行っちゃいました。

(原題:Universal Soldier: Day of Reckoning)

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2012.09.26

映画|ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋

We 映画『英国王のスピーチ』でも描かれた、英国王エドワード8世とアメリカ人女性ウォリス・シンプソンの恋物語。「王冠をかけた恋」として知られるこの有名な物語を、マドンナがシンプソン夫人の視点から描いた作品だ。映画はウォリス・シンプソンの生涯をたどりつつ、それに思いを馳せる現代の若い女性の物語を同時進行させていく構成。こうした構成にすることで、シンプソン夫人の物語が20世紀初頭の昔話ではなく、現代女性にも共通する物語になっているわけだ。エドワード8世とシンプソン夫人の晩年が、必ずしも幸福ではなかったという描写はショッキングなものかもしれない。人々に愛された英国王を退位に追い込み、ウィンザー公爵夫人になったシンプソン夫人はシンデレラ物語の主人公ではなかった。恋とは、結婚とは、いずれにせよ何かを犠牲にすることである。なぜこんな映画をマドンナが監督したのか、それが一番の謎だったりして……。

(原題:W.E.)

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ワンナイト、ワンラブ

Onenight_onelove 偶然の巡り合わせで出会った若い男女が、最初はケンカして、やがて仲直りして、恋に落ちて、またケンカして、最後に仲直りするという、ありふれたラブストーリー。しかしこれがロックフェスの会場を舞台にしているというのがミソで、映画は実際のロックフェスの中で撮影されたドキュメンタリータッチ。これは面白かった。ロックフェスの舞台裏や客たちの様子は、古いジャズフェスのドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ』や、伝説のウッドストック・フェスティバルの舞台裏を再現した『ウッドストックがやってくる!』にも通じる世界。ロックフェスのお祭り騒ぎの中に、自分も足を踏み入れたような気分が味わえるのだ。でも僕自身はこの映画の中で、主人公たちの駄目マネージャーに自分を重ねていたりしました……。このマネージャーは最後の最後までまったくいいとこなしなんだけど、まあ憎めない人ですね。

(原題:You Instead)

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2012.09.25

映画|ロック・オブ・エイジズ

Rockofages 物語の舞台は1987年のロサンゼルス。ロック歌手を夢見てこの町にやって来たヒロインが、同じ夢を持つ青年に出会い恋に落ちるのだが、仲違いして夢を見失ってしまう。しかし再会したふたりはよりを戻し、自分たちの夢を思い出して、最後は一緒に夢を手に入れるという話。1980年代は日本でも洋楽ブームだったので、この映画に取り入れられている楽曲は耳に馴染んだものが多い。でもなまじ当時をリアルタイムで知っているだけに、そして当時の自分自身がちょうど主人公たちと同世代だっただけに(僕は21歳だった)、気恥ずかしい部分もあったりして見るに堪えない映画だった。面白かったのは主人公のドリューがやり手のマネージャーから、「ロックはダメだ。アイドルグループにしろ」と言われて、それ風のファッションでPVを撮ったりするくだり。そうそう。1980年代はそうだったよね。デビュー時期は違うけど、チェッカーズは地元の久留米じゃ革ジャンにリーゼントのロカビリースタイルだったのに、東京でメジャーデビューする時はチェック柄のファッションでアイドル路線にしたのだった。ゴリゴリのハードロックが受けている一方で、同じチャートにはオシャレなテクノ調のサウンドの曲が混じったりしてたなぁ。まあそういった風俗描写も含めて、懐かしいなぁと思いながら、同時に恥ずかしい。いやいや。参りましたよ。

(原題:Rock of Ages)

公式サイト
■公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

04:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

Odoru_final 異色の刑事ドラマ「踊る大捜査線」の映画版第4弾(スピンオフは除く)であり、テレビシリーズ放送から15年目の完結編。しかしこの映画、内容的には特に何も完結していないのだ。僕はこのシリーズをあまり熱心に観ているわけではないが、劇場版の1・2作ぐらいは面白かった。しかし一昨年の第3弾からはもう食傷気味だった。続編映画なんて同窓会みたいなものだから、お馴染みの登場人物たちをずらりと揃えることにまず意味がある。しかしこの映画は物語の中でどんどん時間がたっていくので、その間に登場人物たちが少しも成長していかないことに困ってしまうのだ。お決まりのネタ。お決まりのギャグ。そりゃ観ている人には「またやってる!」と嬉しくなる面もあるのだが、そのお決まりの世界だけにこの映画が閉じこもってしまうと、そうしたお決まりの世界が登場人物たちの行動を制約することになる。つまり成長できなくなってしまうのだ。この映画の印象を一言でいえば「セルフ・パロディ」だ。シリーズに登場した数多くの登場人物を結集させて、それぞれの持ち芸を披露させたことで、その印象はますます高まっていく。まあこれで終わりだから、ファンサービスのつもりなのかもしれない。ヒットもしているようだし、ファンはこれで満足なんだろう。詰まらない映画だが、ファンは嬉しくて、製作者や出演者もやっとこの作品の呪縛から解き放たれて嬉しい。そして映画会社も嬉しくて映画館も嬉しい。誰が文句を言う筋合いでもないんだろう。でもなぁ、やっぱり詰まらないよ。それは間違いない。

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック