2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|夏の終り | トップページ | 映画|インポッシブル »

2013.05.15

映画|トゥ・ザ・ワンダー

13051502 良くも悪くもテレンス・マリックの作品だ。素晴らしい映像美と、その上にかぶせられた出演者たちの心の声のようなナレーション、管弦楽曲。『ニュー・ワールド』から『ツリー・オブ・ライフ』、今回の『トゥ・ザ・ワンダー』までそれは一貫しているように思う。今回の物語はシンプルだ。ヨーロッパで子持ちの若いフランス人女性と知り合ったアメリカ人男性が彼女と恋に落ち、いろいろあって彼女と結婚することになるが、その後は気持ちのすれ違いから別れてしまうという話。基本的に「駄目になっていく男女関係」の話なので、映画を観ていてもちょっと気が滅入ってくる。映画には「なぜそうなったのか」「他に方法がなかったのか」という話がまったく出てこない。描かれているのは「状況」ではなく、既にある状況の中で右往左往している人間の「気持ち」なのだ。この映画は登場人物たちの置かれた状況に寄り添うのではなく、登場人物たちの気持ちにぴったりと寄り添っている。状況説明はないけれど、本人の気持ちだけが垂れ流しなのだ。これって何かに似ていないか? 酔っ払いのよくわからないグチである。気持ちはわかる。でも済まない。お前の言っていることはさっぱりわからないのだよ……。この映画が酔っ払いのグチと違うのは、映像が途方もなく美しいということだ。

(原題:To the Wonder)

8月公開予定 TOHOシネマズシャンテほか

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/57395108

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|トゥ・ザ・ワンダー:

コメント

コメントを書く