2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|モネ・ゲーム | トップページ | 映画|トゥ・ザ・ワンダー »

2013.05.15

映画|夏の終り

13051501 瀬戸内寂聴について、僕の母親はずいぶん昔だが、「瀬戸内晴美でしょ? あの人の書く小説はイヤラシイ」と言った。本作はその瀬戸内晴美(後の寂聴)が昭和37年に発表した小説の映画化。これを観ると、瀬戸内作品をリアルタイムで読んでいる人たちが「イヤラシイ」と言う理由が、なんとなくわかるような気がするのであった……。本作は原作者の実生活を色濃く反映した自伝的小説で、登場人物にはそれぞれモデルになる人物がいる。宮沢りえが主演した瀬戸内寂聴の伝記ドラマ「出家とは生きながら死ぬこと」では、実在の人物名を小説「夏の終り」の人名と入れ替えており、瀬戸内作品を読む人にとっては、この作品が著者の自伝そのものに近い扱いを受けていることがわかる。主演は満島ひかりだが、この人はこの年でもう大女優の貫禄が出てきている。男女の腐れ縁を描いた作品ということで、この映画を観ていると成瀬巳喜男の『浮雲』を思い出してしまうのだが、満島ひかりに僕は往年の高峰秀子を感じてしまうし、この作品の小林薫にも森雅之を多少感じないわけではない。時代的にも昭和20年代から30年代が舞台だから、少し重なり合うところもあるんだけど……。熊切和嘉監督は『海炭市叙景』に通じる落ち着いたタッチ。監督インタビューを読むと、やはり成瀬巳喜男や小津安二郎の映画をかなり参考にしたとのこと。

8月31日(土)有楽町スバル座、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/57395097

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|夏の終り:

コメント

コメントを書く