2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|台湾アイデンティティー | トップページ | 7月1日は電子書籍を無料にします »

2013.06.20

映画|囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件

13062001 9.11テロと同じ年、2001年5月にフィリピンで起きた、観光客21人(20人?)の誘拐事件を実話にもとづいて映画化した作品。事件については今でも謎に包まれている部分が残っているそうで、そうした不可解な部分をフィクションで埋めていくために必要な人物として、イザベル・ユペール演じるフランス人の人質が設定されている。事件解決まで1年以上かかっているのだが、テログループと人質たちの道中はまるでピクニック。町の中を堂々と移動して病院で一休みしたり(病院ならベッドもシャワーも食料もあるから便利)、軍隊を見かけて意味もなく発砲して大銃撃戦になったり、かと思えば衆人環視の中で堂々とその場を脱出して逃げおおせたり……。なんというか、犯人グループ側もユルユルだし、それを追う警察や軍の側もユルユルなのだ。ジャングルに逃げ込んだテログループを少数の軍隊が追って返り討ちに遭う場面を見ていると、散発的な兵員投入で犠牲になった兵士たちが気の毒でしょうがない。もっと大規模に軍隊を送って、一気に片付けてしまえばいいのになぁ……と思っていると最後はそうなるわけだが。でもこのユルユルのところが、実録ドラマとしてはひどく生々しい。ハリウッド映画みたいに年がら年中緊迫していたら、1年以上もジャングルの中で暮らせないだろうしな。

(原題:Captive)

7月6日(土)シネマート新宿

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/57634574

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件:

コメント

コメントを書く