2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画|スター・トレック イントゥ・ダークネス | トップページ | Kindle|映画瓦版 2013年上半期 »

2013.07.10

映画|JAPAN SHORTS 2013

10分程度の新作ショートフィルムを6本集めた特集上映の試写。映写順にごく簡単な感想。

『少女と、女』。ストーリーは面白い。アイデアもいいし、展開にも意外性がある。ただ映画を観ていてちょっと不快な印象しか残らないのは、ここにいる人間たちにリアリティを感じられないからだろう。

『Nostalgic woods』は、映研で映画を撮っている男が彼女に振られてふて腐れ、郊外ロケをしている時にずんずん森の中に入って行くという話。正直、最後の1シーンのオチ以外は余り面白くないのだが、このオチが人を食っていて面白い。

『夢を見た』。これも最後の1シーンでそれまでの前提をひっくり返すという映画。なんか、このパターンが多いなぁ。

『りんご』は殺伐とした近未来を舞台にした映画で、池脇千鶴が終始無言でサバイバルするホームレス女(?)を演じている。

『隕石とインポテンツ』。これはさんざん期待させておいて、最後のオチがなぁ……。なんだかコントみたいなアイデアの映画が多いのかなぁ。冒頭のシーンなんかはすごいと思ったし、その後もかなり高いテンションを維持するんだけど、最後の最後がバシッと決まらなかったのが残念。

『I’m home』は福島の被災地を舞台にしたドラマ。面白いし、凄みが感じられる。これは今回観た6本の中では一番良かったかもしれない。

06:50 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/57767405

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|JAPAN SHORTS 2013:

コメント

コメントを書く