2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 新刊「聖書ダメ人間事典」 | トップページ | 映画|野獣死すべし »

2013.07.09

映画|股旅三人やくざ

13070901 新文芸坐の仲代達矢特集。『股旅三人やくざ』は1965年(昭和40年)の東映作品。3話オムニバスで、監督は沢島忠。童謡「どじょっこふなっこ」の合唱に合わせて、秋・冬・春の3つのエピソードが綴られていく。仲代達矢が出ているのは最初の秋のエピソードで、偶然出会った宿場女郎を助けるために体を張る、旅暮らしに疲れた渡世人を演じている。駆け落ちしようとする男の顔も体も覚えていないのに、自分と所帯を持ちたいという男の一言にすがりつく女の悲しさ。おんぼろ船に仲代扮する渡世人と閉じ込められながら、その間「2日間だけきれいでいられた」と言う切なさ。社会の最底辺に生きる男と女が、互いに社会の最底辺にいるという共通点で結びつく。この第1話は他の2話に比べても徹底したリアリズム。これはどうも脚本を笠原和夫が書いているらしい。第2話は、松方弘樹扮する若いやくざと、志村喬扮する老やくざが登場する冬編。これは物語の舞台が限定されているワンセットドラマ。舞台劇のような雰囲気もある。第3話は中村錦之助主演のコメディ風作品。

7月9日(火)新文芸坐

公式サイト
公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

10:00 午前 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/57758804

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|股旅三人やくざ:

コメント

コメントを書く