2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« Kindle|映画瓦版 2013年上半期 | トップページ | 映画|天心 »

2013.07.22

映画|風立ちぬ

13072201 ゼロ戦の設計者であり、戦後は国産旅客機YS-11の設計に携わった飛行機設計技師・堀越二郎の青春時代を、フィクションを大幅に織り込んで描いた宮崎駿の最新作。先日別の試写会に出かけて最初の30分で中座してしまったので、今回は改めて劇場で全編観てきた。これまでにない力作。1992年の『紅の豚』と同じく、宮崎駿の飛行機趣味が全開になっている作品だが、これは子供向けのお話し一切なし。映画は主人公二郎の少年時代から、関東大震災(1923年)を経て、設計者としての会心作である九試単座戦闘機の試験飛行(1935年)までをひとつの区切りにしている。翌年から日本はアメリカとの戦争を始めて日本中をメチャメチャにしてしまうのだが、この映画には戦争そのものは出てこない。ゼロ戦は最後に少しだけ、夢の中の場面に幻影として出てくる。映画の中では結核のヒロインが主人公に「美しいところだけを見せたい」という気持ちから、病気が重くなるとひとり高原のサナトリウムに戻ってしまうのだが、この映画の構成もそれと同じだ。映画は戦争が始まる前の、近代日本の最後の輝きを垣間見させて終わる。大きな物語と、小さな物語の見事な融合が果たされている。

7月20日(土)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4474/57847833

この記事へのトラックバック一覧です: 映画|風立ちぬ:

コメント

コメントを書く