2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013.04.24

映画|フィギュアなあなた

13042403 石井隆監督のエロチック・ファンタジー。石井作品だから当然バイオレンスもあるのだが、今回はそれがファンタジーのフィルターにかけられているのであまりギョッとすることはない。むしろギョッとさせられるのは、ここに出てくるエロチックな妄想の部分だろう。佐々木心音のおっぴろげジャンプには胸が躍る以前に、呆れ果てて開いた口がふさがらない。映画監督はここまであからさまに、己の欲望をストレートに表現してしまっていいものなのだろうか。多少なりとも恥じらいというものはないのか。若いグラビアアイドルにあられもない格好をさせて、それを舐めるようにカメラで撮影してゆくシーンの連続は、ポルノと呼ぶにしては即物的な視点に過ぎる。タイトル通り、ここにあるのは生身の女の肉体というより、ひとつのフィギュアであり生けるオブジェなのだ。そんなヒロインになりきった、佐々木心音の根性には感心する。石井監督にここまでいじめ抜かれて、よく頑張りました。

6月15日(土)池袋シネマ・ロサ

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|アンコール!!

13042402 妻を失った頑固ジイサンが、妻の所属していた老人コーラスグループに参加。意外な美声を披露してコンクール出場を目指すという、コメディタッチのヒューマンドラマ。主演のテレンス・スタンプ本人が何曲か歌っているが、ラストでしっとりと歌い上げられる「眠りつく君へ」(ビリー・ジョエル)が感動的。ヴァネッサ・レッドグレイヴが歌う「トゥルー・カラーズ」(シンディ・ローパー)も良かった。素材としては地味なのだが、大スターの存在感で最後まで見せ切ってしまう映画でもある。日本でリメイクするなら誰が主役になるのがいいだろうか。頑固で憎まれ口ばかり、息子との関係がギクシャクして心を痛めているが、それを修復することができない不器用な男。高倉健や菅原文太クラスの俳優が出てくれないと、これはもたないだろうなぁ。日本でリメイクするとなると、ドラマに織り込んでいく楽曲を何にするかがまた悩ましいけれど、こういうのをごちゃごちゃと頭の中で考えるのは楽しいものです。

(原題:Song for Marion)

6月28日(金)TOHOシネマズシャンテ
7月5日(金)全国公開

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|旅立ちの島唄 〜十五の春〜

13042401 沖縄本島から360キロ離れた南大東島は、明治に開拓されたサトウキビの島だ。島には小中学校があるが高校はない。そのため島の子供たちは中学を卒業すると、親元を離れて沖縄本島や本土の高校に進学する。この映画はそんな南大東島で暮らす、中学3年生の少女を主人公にしたドラマ作品。思春期の少女がたった1年で子供から大人へと成長してゆく姿を、バラバラに暮らす家族の姿とからめながら丁寧に描いていく。重たいドラマだが、音楽演奏シーンなどを効果的に使っていて印象は軽やか。子供が大人になるための「通過儀礼」の物語とも言える。爽やかな青春映画。主演の三吉彩花が素晴らしく、両親役の大竹しのぶと小林薫もベテランらしい好サポートを見せる。

4月27日(土)那覇・桜坂劇場にて先行公開
5月18日(土)シネスイッチ銀座

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

10:00 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2013.04.22

映画|グランド・マスター

13042201 ウォン・カーウァイ監督が描く、伝説の武術家でブルース・リーの師匠だった葉問(イップ・マン)の伝記映画。葉問の伝記はドニー・イェンの『イップ・マン』二部作があって大ヒットしているのだが、『グランド・マスター』はそれより実話に近いのかもしれない。映画の予告編ではもっと激しいカンフーバトルになるような気もしたが、物語は1930年代の佛山から始まり、1960年代の香港で終わる実録大河ドラマだった。バトルシーンは、一応あることはある。しかしあまり強い印象を残すものではない。武術指導がユエン・ウーピンだから、どうしても先行する他の映画と似てしまうのだ。実録だからあまり荒唐無稽なこともできない。映像はきれいなのだが、なんだか眠たい映画だなぁ……という印象。要するに痛快娯楽活劇ではなくて、芸術映画なのだなぁ。芸術文芸畑のアン・リーが『グリーン・デスティニー』が撮った例もあるが、この映画については良い意味でも悪い意味でもウォン・カーウァイの映画であった。『楽園の瑕』(1994)に戸惑った、当時の映画ファンの気持ちがわかるような気がする。ちなみに僕が一番戸惑ったのは、エンディングに近い場面で流れてくるエンニオ・モリコーネの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のテーマ曲。いいのか、これで!

(原題:一代宗師 The Grandmaster)

5月31日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック