2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »

2013.05.29

映画|ベルリンファイル

13052902 豪華キャストの大型スパイアクション映画なのだが、もうひとつスッキリしないのはなぜだろう。北朝鮮と韓国のスパイ同士がしのぎを削る話で、これ自体は昔からあるパターン。ただこの映画ではハン・ソッキュが演じる韓国側の情報局員が狂言回しで、実際の主人公はハ・ジョンウが演じている北朝鮮側の諜報員なのだ。北朝鮮のスパイが明らかにこの映画のヒーロー。だが韓国ではそれをあまり露骨にも描けないので、ハン・ソッキュを出してきてダブル主演の体裁でそのあたりをぼかしてある。しかしこのぼかし方がどうも言い訳がましい。物語自体を北朝鮮スパイの視点で描き、韓国側をまるっきり脇役か敵役にしてしまった方が、サスペンスとしては盛り上がったような気がするのだ。その上で、最終的にはやはり北朝鮮の非人間性が浮かび上がってくるような映画にすることは可能だったと思うし、その方がずっと残酷な映画になったと思うけどなぁ……。

(原題:베를린 The Berlin File)

7月13日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト
■公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|クロワッサンで朝食を

13052901 名奉行大岡越前がある事件の取り調べの参考にと「女はいつまで性欲があるのか」と老母にたずねたところ、母は黙って火鉢の灰を火箸でならしていたという。越前はこれを見て「なるほど、女の性欲は灰になるまで(死ぬまで)続くのか」と悟ったらしい。本当か嘘かは知らないが、わりとよく知られている話だ。でも死ぬまで性欲がある女の人ってどうなんだ?と思ったら、この映画の主人公がまさにそういうタイプだった。ジャンヌ・モローが演じるフリーダという老女は、いつまでも「女」であることをやめない。訪ねてきた昔の恋人に「わたしってモンスターかしら?」とたずねると、彼は一言「そうだな」と答える。この会話にまったく違和感がないのだからすごい。このあとの場面もすごかったのだが、それはさておき、ジャンヌ・モローは年を取ってもチャーミング。しわくちゃの婆さんなんだけど、ふと笑顔を見せたときのその表情に、若かりし日の面影が今もしっかり残っている。輝かしい華やかな笑顔。ああ、ジャンヌ・モローだ!と思う瞬間だ。

(原題:Une Estonienne à Paris)

7月頃 シネスイッチ銀座

公式サイト
■公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック