2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年5月26日 - 2013年6月1日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2013.06.04

Kindle|印刷通販のすすめ

印刷通販のすすめ
印刷通販のすすめ
posted with amazlet at 13.06.04
服部弘一郎 (2013-06-01)
売り上げランキング: 11,578

 Kindleブックの3冊目です。印刷通販を知らない人、知っているけれど使ったことはない人のための、簡単なガイドブックです。映画批評家なのに映画以外の本ばかり出していますが、自分ではまだ実験的な出版だという意識があるのです。そのうち映画の本も出します。

11:33 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|もうひとつの世界

13060401 見習修道女が公園で捨て子を押し付けられて病院に連れて行くのだが、何度か子供を見舞っているうちにすっかり情が移ってしまう。子供をくるんでいたセーターがとあるクリーニング店経営者のものだったことから、この経営者は昔ちょっとだけ付き合ったことがある女性との間に生まれた自分の子供ではないかと疑い出す。こうして本来なら出会うはずのなかった人間たちが出会い、そこでそれまでの人生が決定的に変わる。自分の中にありながらも目を背け、自分自身で否定していた自らの願いや本音が明らかになる。ドラマとしての面白さはもちろん、女子修道会の仕事や修道女の生活振りが丁寧に描かれているのが面白い。

(原題:Fuori dal mondo)

6月29日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ハートの問題

13060401 ローマで同じ夜、同じ時間帯に心臓発作を起こし、同じ病院で治療を受けて、同じ病室で療養することになった、同じ世代の男ふたり。しかしふたりの性格は正反対だった……という、ユーモラスなドラマ作品。かなりシリアスなテーマを扱っているが、語り口は軽やか。これは昨年ヒットした『最強のふたり』に通じる世界かもしれない。主人公のひとりが映画の脚本家という設定だが、彼が子供にせがまれて「お話しの作り方」をレクチャーする場面は面白い。たぶんこれが、この映画の脚本家なりの物語作りのメソッドなのだろう。この脚本家は中年のハゲ男なのだが、口八丁手八丁で女をまめに口説きまくる。しかもかなりの確率で成功(性交?)しているのだから恐れ入る。世の中年男性は自分がもてないのをハゲのせいにしちゃいかんよ。

(原題:Questione di cuore)

6月29日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2013.06.03

映画|ハード・ラッシュ

13060301 危険な犯罪稼業から足を洗って堅気になり、家族と共に平和な日々を送っていた男が、弟分や昔の仲間を助けるために再び危険な世界に戻っていく……という定番の筋立て。この映画では男の稼業が「運び屋」になっているのがミソ。よくあるパターンの映画はそのままストレートによくあるパターンをなぞれば力強い映画になるが、一方でそれはマンネリのワンパターンにもなりかねない。そこで脚本をあちこち触ってひねりをきかせるのだが、ひねりすぎると本来のシンプルな物語のダイナミズムが消えてしまう。この映画はいじくりすぎたケースで、観客を驚かせよう、面白がらせようとあれこれアイデアを注ぎ込んだ挙げ句、最初から最後まで全部が見せ場の総花的な映画になってしまった。マーク・ウォルバーグ演じる主人公の家族団らんとか、仲間同士のユーモアとか、映画の中で観客がホッとできる場面をもっと作ってくれるとよかったんだけどな。

(原題:Contraband)

6月15日(土)丸の内ルーブル、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか

公式サイト
■公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック