2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013.02.28

映画|ザ・マスター

13022802 ポール・トーマス・アンダーソンの新作は、新興宗教サイエントロジーの教祖をモデルにした男と、その家族や信奉者たちが織り成す人間ドラマ。主人公は第二次大戦をきっかけに酒浸りになった青年で、彼が偶然「コーズ」という新興宗教グループと関わりを持ったことから、団体の教祖であるマスターとの愛憎に満ちた日々が始まる。モチーフはぜんぜん違うのだが、アンダーソン監督の映画としては、ポルノ業界を舞台にした『ブギーナイツ』に似ているのかな……という気もする。閉鎖的な小さな世界があって、そこにひとりの青年が迷い込んで大きな役割を担っていくようになる。そこは家族的な平和な世界ではあるが、社会的にはいろいろと風当たりの強い世界でもある。フィリップ・シーモア・ホフマンは『ブギーナイツ』にも出てたなぁ……。

(原題:The Master)

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

05:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ベルヴィル・トーキョー

13022801 タイトルに「トーキョー」の文字があるが、この映画には東京が出てこない。この映画は主人公が東京に行く話ではなく、主人公の夫が東京に行かなかった……という話なのだ。若い夫婦が夫の浮気が原因で別れそうになるが、一度よりを戻したものの、やはり関係がギクシャクしてしまうという話。ヒロインが働いているのがアメリカ映画専門の名画座だったり、夫の仕事が海外での映画の買い付けだったりするのが、映画ファン的には面白い展開になりそうなのに、結果としてあまり面白くなっていない。基本的に恋愛映画というのはしんどいもので、それでも「結ばれる話」はしんどさの先に幸せがあるから我慢できるが、「別れる話」というのはしんどい思いをしても先に得るものが何もない。1時間15分しかない短い映画だが、なんだか疲れたなぁ……。

(原題:Belleville-Tokyo)

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

01:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2013.02.26

映画|三姉妹 〜雲南の子

13022602 中国雲南省の山間部にある小さな村。村は貧しく、村人たちはブタやヒツジ、ヤギなどの家畜を飼いながら、痩せた土地にジャガイモを作ってどうにかこうにか生活している。この映画はそんな小さな貧しい村で、母親に去られ、父親が町に出稼ぎに行って、幼い子供たち3人が残されている様子を描いたドキュメンタリー映画。親に捨てられて子供が可哀想とか、そういう話ではない。子供たちは親戚の支援を受けて暮らしているし、学校にも行くし、仕事もあるし、友だちもいる。ただし、とんでもなく貧しい村の中でも、この子供たちの家がことさら貧しいのは事実だろう。学校の前で子供たちが群がるお菓子の露天の前で、お金を持っていない10歳の少女がうらやましそうに立ち尽くしている様子が印象的。しかし貧しくて不潔な生活(子供たちはシラミだらけ)を描いたこの映画の、なんと美しいことか。柔らかい光に包まれた映像はとてつもなく綺麗なのだ。

(原題:三姉妹 Three Sisters (San-Zimei))

公式サイト
■公式Twitter
■公式Facebook
IMDb
映画瓦版

12:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ヒッチコック

13022601 サスペンス映画の神様アルフレッド・ヒッチコックが、代表作『サイコ』をいかにして作ったかというメイキング映画。単なる映画裏話ではなく、ヒッチコックと夫人アルマの夫婦愛と葛藤をからめた物語にしてあるところがミソだ。夫妻には娘のパトリシアがいて『サイコ』にも出演しているのだが、この映画では娘の存在について一切何も語らない。それはこの物語を「夫婦のドラマ」に収斂させていくためなのだ。なお『サイコ』はパラマウントの作品だが、今回の映画は20世紀フォックスの映画。そのため『サイコ』の本編映像やサウンドトラック(音声)は一切使われていない。この映画を観るためには、事前に『サイコ』を観ておかなければならない。しかし『サイコ』が好きな人にはたらまない映画。残念なのは本編の引用がないことではなく、むしろ主演のアンソニー・ホプキンスがヒッチコック本人にあまり似ていないことだろう。共通点はイギリス人だということぐらいだったりして……。なお音楽はバーナード・ハーマンがヒッチコックのために作曲した楽曲を随所に使っている。これもヒッチコックのファンには嬉しい!

(原題:Hitchcock)

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

10:00 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2013.02.25

映画|ガレキとラジオ

13022503 津波で壊滅的な被害を受けた南三陸町で震災から間もない5月から翌年3月まで、町の臨時職員として雇われた9人のメンバーによるローカルFM局「FMみなさん」が開局していた。この映画はその立ち上がり直後から解散までを、1年近く取材したドキュメンタリー映画。素人ラジオ局のドタバタぶりは滑稽であると同時に、その必死さが観ているこちらに感動を与える。1時間10分しかないコンパクトな映画だが、ナレーターに役所広司を起用したり、空撮カットを挿入するなど作りは贅沢。ラジオ局のメンバーや何人かのリスナーを南三陸町の縮図にして、復興に向かう人々の前向きな姿を描いている。クライマックスはFM局の解散を間近に控えた2月に行われた「出発式」の様子。それからちょうど1年たつわけだが、メンバーたちは今どうしてるんだろうか。そんなことがちょっと気になったりする映画だった。

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
■IMDb
映画瓦版

06:00 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|百年の時計

13022502 ミッキー・カーチス演じる天真爛漫なモダンアートの巨匠が、故郷香川で回顧展を企画した美術館学芸員を振り回すというドラマ作品。高松琴平電気鉄道(ことでん)が撮影に全面協力した鉄道映画でもある。楽しい映画ではあるが、江戸っ子口調のミッキー・カーチスが香川県出身に見えないという欠点も。言葉はその土地のローカルな雰囲気を醸し出す重要なツールなので、なんとなくそれらしくしてくれるとよかったんだけどな。若い頃に海外に行っちゃった人は、離日前の言葉遣いが抜けないので、この映画のミッキー・カーチスは40年前の古い言葉を使っているはず。映画はこういう細部が大事だと思うのだな。でも映画自体は面白かった。アートをモチーフにした映画ではあっても、アート作品ではなく一般的な娯楽映画。でも技法としては映画ならではの表現を多用して、この映画自体がアートであることを主張している感じ。

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

03:30 午後 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

映画|ゼロ・ダーク・サーティ

13022501 ビンラディンを追い続けたCIAの女性分析官を主人公にした、実録インテリジェンス・サスペンス映画。映画は2001年の9.11テロから始まり、その2年後にヒロインが物語に登場し、2011年にビンラディンを暗殺して終わる。2時間40分かけて10年間の歴史とヒロインの成長を描いていく大河ドラマだ。物語の視点がほぼヒロインの一人称に徹していて、大きな政治の話などに広げていかないところがストイックでタイトでシャープな印象を与える。最初は捕虜の拷問に涙ぐんでいたヒロインが、少しずつタフで図太くなっていく。最初は同僚から美人だがまだ子供だなどと言われていたのが、最後の方では最前線の兵士たちからも一目置かれる肝っ玉姉ちゃんに変貌している。だがそんなヒロインも、すべてが終わってひとりになると涙がポロリ。この涙の意味は何なのか?というのが、おそらくはこの映画のテーマに深く関わってくるものなのだろうなぁ……。

(原題:Zero Dark Thirty)

公式サイト
公式Twitter
公式Facebook
IMDb
映画瓦版

10:40 午前 | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック