2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

2009.02.19

中川効果で円安?

 ドル円相場が少し円安方向に流れている。一時的なものかもしれないし、そうでないかもしれない。世界通貨の中で買われているのはドルと円だけ。今まではどちらかというと円の方がより人気が高かったため、ドル円相場は円高ドル安になっていた。でもそれが数日前から、円が売られ始めているのだ。これって中川元財務相が世界中のメディアの前で酔態をさらした結果だったりしてね。世界中の投資家たちがあれを見て、「日本はどうもヤバイ!」という危機意識を持ったのかも。だとしたら円高に苦しむ日本企業は、中川さんに感謝しなくちゃね。まあこれが一時的な吹き上げで、またすぐに円高方向に戻ることも考えられるけどさ。

10:45 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.02.16

今週のポジショントーク

 NZDで少し取引してますが、先週は月曜日の49.84円が最高値で、火曜日に大きく反落し、水曜日以降は下落分を取り戻すために上昇して、金曜終値が48.15円という結果。週明は大きく窓を開けて下げ、47.6からのスタート。日足のローソク足チャートを見ていると方向感がよくわからないのだが、週足チャートや日足の終値線を見ると、NZDはこの後値を上げて一度50円を超えるような気がする。年末から年明けのように50円台半ばまで上昇することはないにせよ、51円か52円ぐらいまで一度上げて、それから再度下落するんじゃないかな……。というわけで、僕は52.00円にショートの指値注文を1枚入れてみました。これは今週末まで放置。今後も毎週土日にチャートを眺めながら作戦を立て、月曜日に指値注文していきたいと思います。

02:15 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.02.02

NZDの底値はどこに?

 NZDは直近1/21の最安値45.01を突破して底割れ。全体としては完全な下げトレンドで、近く追加の利下げもあり得るとのことだから、この下げは止まらない。下げるなら売ればいいんだけど、45円より下で売る勇気もない。しょうがないから「下げきったところで買おう」などと、また先の見えない強欲ぶりを出してるわけだけど、これでこれまでに何度手痛い目にあっていることか。

 外為どっとコムにはマーケット情報として、NZDは近く0.4000ドルを割り込むなんて書いてある。現在ドルが90円弱だから、そのままのレートでNZDが0.4米ドルになれば、対円では36円まで下落することになる。NZD/USDの最安値は2000年10月の0.3898ドルで、この時は対円でも41.97の史上最安値を付けている。この頃はまだ、ドルが今ほど安くなかったからね。ドル円相場は今後も円高に推移すると思われ、仮にドル円80円でNZDが史上最安値レベルの0.4ドルあたりまで下げると、NZD/JPYのレートは32円だよ。オーバーシュートしたら、へたすりゃ30円割れしちゃうじゃん!

 僕はNZDの下値を、最安値を更新してもせいぜい40円を少し割り込む程度だと考えてた。ロスカットされる下限を30円に置いておけば、まず大丈夫だろうと思っていた。でもこういう話を聞くと、「30円はまだ危ないかも」と思っちゃうんだよね。というわけで、40円でナンピンの指値を入れていたのはキャンセルして、しばらくは様子見にする。これなら現在のポジションは、25円を割り込むまで大丈夫。いくらなんでも、そこまで円高が進むことはあるまい……。

 アナリストの中にはドル円で70円前後まで円高が進むと言う人もいるけれど、それは現在のドル買いトレンドが息切れして、ドルが他通貨に対してもすべて下落し、円独歩高になった場合の話。仮にNZDが0.4米ドルで、ドル円相場が70円になるとNZD/JPYは28円になってしまうのだが、その前にNZDがドルに対して反発するだろうと期待している。

 じゃあNZDの底値はどの程度になるのか? 30円台の半ばぐらいか? そこで「30円以下はない!」と信じて、全財産を突っ込めるか? とてもそんなことはできない。とりあえず今は様子見だ。底を打つときは大きく動くはずだから、そこから戻ってきたところでポジションを建てればいい。それでもたぶん、今よりずっと安い値段でNZDがたくさん買えると思う。

03:15 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.01.15

FXの鈍感力

 長期保有前提でNZDをナンピンしてるんだけど、買った値段より相場が下がってくるとやはり気もそぞろ、落ち着かない気持ちになってくる。何日かたつと気にならなくなるんだけど、エントリーして1日か2日はだめ。相場の動きに一喜一憂して仕事が手につかなくなってしまう。大赤字になっているポジションはむしろ気にならない。それはもともとそういうものだと、最初から考えているからだ。でも微妙に赤字のポジションほど気になる。購入価格より10円下げているポジションは気にならないのに、50銭下げているポジションの方が気になる理不尽な心理。困ったものだ。ちなみに現在確定している差損と含み損を加えると、僕がFXで損した金額は100万円を超えてます。円高って恐いよなぁ……ということを実感した、昨年夏以来のワタクシであります。

02:53 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

NZD下落

 NZDは12月5日の最安値47.73を割り込んで下落。直近の最安値を更新した。次の下値は2000年10月の41.97になる。まさかそこまで下げることはあるまい……と思いつつ、ロスカットの限界を30円以下に設定しておく。なんぼなんでも、NZ経済が破綻でもしない限りはそこまで下げることはあるまい。

10:48 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.01.12

クロス円軟調相場

 ドル円は再度90円割れ。クロス円も連れ安で勢いがついたのかずるずる下げている。僕はFXでNZDを少し取引しているのだが、先日いくつかのポジションがほんの一瞬黒字になった後は再度赤字転落。今日は下がるところを52.50で買おうと思っていたが、なかなか下がりきらないのに業を煮やして53.00で少し買ったら、その直後から相場は急降下。あっという間に1円下げてしまった。あらまぁ……。52.50を53.00にした時点で、枚数を半分にすればよかった。そうすれば52.00で残り半分をナンピンして、購入平均が当初予定の52.50になったのになぁ……。まあしょうがない、こんなものだ。先週54.00で買おうとして1円下がるまで我慢したんだから、これは1円得したんだと思うことにする。

08:34 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.11.13

外為道場4

 サンプラザ中野くんの外為道場がパート4に突入。ただし現時点での記事はゼロ。急激な円高進行で資金をほとんどロスしたサンプラザ中野くんが、今後どのような展開を見せるかに注目したいところ。しかし、本当に続くのかね……。

03:30 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.11.05

NZDが復活してきたぞ

 10月の大暴落が始まる頃から、NZDのポジションを少しずつ買い貯めてます。残っている資金も少ないので、身の丈に合わせて0.1枚ずつ、低レバレッジで買い足して、現在0.7枚を平均62.00で保有中。NZDは一時49.19円まで下げて一応底を打ったようだけど、さすがにその近辺では恐ろしくて手が出せなかった。資金がもっとたっぷりあれば手を出してもよかったんだけど、今回はロスカット回避を優先して資金を手もとに現金で置いておくことを優先し、結局一番下値で持っているのは55.00円が0.1枚と58.00円が0.1枚。NZDの相場が回復してきて間もなく購入平均額に届きそうなので、そうなればなったで次は利確のタイミングが難しい。

 今回は上げても60円台半ばまでで、その後一度は大きく下げるような気がしている。様子を見て、少しショートのポジションを入れてみてもいいかもしれない。ポジションを取ればその分保証金がかかるのでロスカットの危険水位が上がってくるわけだが、新規に持つポジションはショートなのだから、相場が大きく下げるようなら決済してしまえばいい。逆に現在の上昇相場がそのまま維持されるとショートポジションは厄介だが、60円台半ばから70円ぐらいの相場なら、いずれ損を出さずに処分できるだろう。

 今後大きく相場が下げてくるようなら、54.00でさらに0.1枚買い増す指値注文を入れている。その後は2円下げるごとに0.1枚ずつナンピンして、50円まで買い下がるつもり。でもこの分だと、もうそういうレベルの急激な下げはなさそう。のんびり相場を眺めながら、NZDが70円に近づいていくのを待っていることにします。小学生の小遣い銭みたいなものだけど、日々なにがしかのスワップ金利も付くしね。(1ヵ月で1,500円ぐらいだから、小学生の小遣いにも満たないかも。)

03:08 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

FX関連の本を購入

野村式「ID為替」──プロが教えるFX短期トレード超投資法 (講談社+α新書 280-2C) FX革命!

 FXがらみでAmazonに2冊の本を注文したのが、今日になって届いた。1冊は野村雅道の「野村式「ID為替」──プロが教えるFX短期トレード超投資法」。以前同じ著者が同じ出版社から出している「働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術」という本を読んで、「FXはスワップ金利ねらいで低レバのポジションを長期保有」と信じ込まされてしまったのだが、じつのところそれはFXのひとつの側面でしかなく、著者は低レバ長期保有の運用の他に、デイトレもやっているという事実を最近になって知ったのだ。で、その著者がデイトレのための本を出すというので読んでみることにした次第。もう1册は南緒の「FX革命!」で、Amazonのレビューを読むと評価が真っ二つという本。まあこれはこれで、参考までに読んでおこうかなと思っている。

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 じつはこれとは他にもう1册、「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」という本も買っている。これは為替相場に限らず、相場取引全般についての本だけれど、ハウツー本というより読み物として面白そうなので買ってみた。金融だの相場だのというのは、半年前の僕とはまるで縁のない世界だったわけだけど、たまたまFXをやって、しかもいきなり大損を出して本気で取り組まねばと気を引き締めたことをきっかけにして、「なるほどこんな世界もあったのか!」と目を見開かされてしまったようなところもある。(最近はちっともやってないけど)麻雀をおぼえたばかりの頃、麻雀関係の本や、街中の雀荘ばかりが目に付いたのと同じこと。自分に興味や関心の持てないものは、そもそも自分の視野に入ってこないものだ。そういう意味では、今回の大失敗・大損害も多少の役には立っているのかも。

 まあこれは、苦しい言い訳と負け惜しみではあるけどね。

02:38 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.11.04

クロス円相場の今後

00105r00000z00000z00000z00000z00000

 クロス円の代表として、高金利通貨として人気の豪ドルの月足チャートだ。今回は歴史に類をみない急激な円高が進行して、クロス円相場が大暴落。いつもなら3〜4年かけて少しずつ進行していく大天井から大底までの下落を、わずか3ヵ月で達成してしまった。下げるのは構わないけど、速度が速すぎて誰も付いていけない。で、この後どうなるのかだが、考え方としては2つある。

 ひとつはここで数週間か数ヶ月かけてじっくり底固めをしてから、またじりじりと円安に向かうという考え方。その場合、今後数週間から数ヶ月は、再び相場が下落して先月最安値を更新するような値動きをすることも考えられる。

 もうひとつは10月下落分を11月中に解消して、月足チャートで行って来いの毛抜き底を形成するという考え方。この場合、例えば豪ドルの場合は80円近辺まで戻り、そこから再度ゆるやかな円高になって、数年がかりで再度改めて底値を目指すことになる。

 現時点ではどちらとも言えないので、仮に相場が上昇しても容易に買いポジションを増やしていくのは注意が必要かも。結果が出るまで数週間は様子を見ながら、急激な再下落もあり得ると覚悟はしておいた方が言いように思う。

08:06 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ドル円相場はどうなるか?

00101r00000z00000z00000z00000z00000

 ドル円相場の月足チャートを見ると、1ドル100円をサポートラインとした弱気の三角持ち合いになっていることがわかる。100円のサポートラインに近づくと相場が反転上昇して高値になるのだが、その高値が前の高値を上回ることがない。どんどん100円のサポートラインに近づいているわけだ。こうした三角持ち合いはいずれ崩れて、相場は下方向に向かう。今年は100円のサポートラインを2度下回っているのだが、これは100円のサポートが効かなくなってきている証拠かもしれない。

 ドル円は100円のサポートを失った後、他の外国通貨と同じように数年から十数年の周期で大きなうねりを繰り返す持つレンジ相場になるのかもしれない。とりあえずの下値は70円〜80円ぐらい。上値は130円〜140円ぐらいなのかな。まあ結論は何十年かたってから明らかになるわけだから、今は何とでも言えるわけだけど。いずれにせよ、ドルが今後も安くなるのは間違いなさそうだけど、安くなりっぱなしなんてことはあり得ない。

07:13 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.11.03

僕は経済アナリストではありません

 7月からFXを始めていきなり強烈な円高の荒らしに巻き込まれ、かなりの損失を出している。痛い目に遭わないと人間は勉強をしないわけで、僕もこの3ヵ月ほどで為替相場についてはいろいろと勉強させてもらいました。あまりにも高い授業料だったけどね。そんなこんなでmixiのFX関連コミュであれこれ自分の意見を述べたりなんかしているわけだけど、その僕に対して個人的にアドバイスを求めてくる人がいるのには驚いた。そういう人たちって、僕の何倍何十倍もの資金をFXに投入して、僕の何倍何十倍もの損失を出してるわけだ。損している額が僕と2桁違う。つまりそれだけ、最初にお金を持っていたってことじゃん。金持ちじゃん。すごいじゃん。そういう人が、貧乏ライターの僕に「今後どうしたらいいでしょう」とか相談するわけ。ちょっとすごい世界だな。為替市場の混乱も極まれりだよ。

07:05 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.30

クロス円が急上昇!

 クロス円が完全に上昇気流に乗りましたね。昨日のNZDは下がり渋っていたので、53円まで下がるのを待たずに55円で少しだけ買っておきました。その時はまだ53円はあると思ってたんですけど、現時点で58円まで上昇してますから、安く買うチャンスは逃した感じ。こんなことなら、55円でもう少し買っておくのだった。

 まあ結果論ですけどね。

 手持ち資金の半分以上でポジションを建てているので、資金の余裕を考えてしばらく静観しようと思ってます。60円より上にごっそりとロングの建玉を入れてるので、それらを決済していくのがいよいよこれから。どのタイミングで利食いしていくかが問題なんだけど、一番高掴みしているのは69円だから、まだまだ10円以上も上がある。先は長い。

 過去のチャートで大底付近を見ると、一度底を打って上昇に転じた後も一本調子の堅調相場になるわけではなく、何度か大きく値を下げたり上げたりという振幅の大きな揺れを繰り返すことがままある。今回もあるいは、再度55円や53円まで下げることがあるかもしれない。それもあって、今はちょっと慎重になろうと思う。

12:08 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.27

円高はどこまで進む?

 金曜日にドルとクロス円が一気に下げて、ドルは一時90円台まで安くなってしまった。僕は現在ニュージーランドドルを少し買っているのだが、レバレッジを低くして30円強まではロスカットされない体制を作っていても、50円を切ったりするとヒヤヒヤしてしまう。とりあえず現在の相場は異常だし狂っていると思うし、こんな馬鹿げた相場がいつまでも続くとは思わないし思いたくもないんだけど、それでも底値がまったく見えないというのは気持ちの悪いものだ。

01:00 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.10

円高は加速中

 今朝のNY終値は、米ドルが99.66円、ユーロが136.68円、英ポンドが170.54円、豪ドル68.02円、カナダドル86.64円、NZDが60.09円。先々週末と比べるとほんの2週間ほどで、ドルは6円、ユーロは20円、ポンドは25円、豪ドルも20円、カナダドルは16円、NZDは12円も円高になっている。どこかで反発するとは思うけど、現時点ではまさに底なし沼。僕自身はNZDをぽつぽつとナンピンしているんだけど、60円の下は55円と50円でさらに買い増しの指値注文を入れている。50円はともかく、55円ぐらいはどこかのタイミングで引っかかるんじゃないだろうか。G7の結果次第では、50円やさらにその下もあり得るぞ。

08:23 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.08

ナンピン大作戦

 FX用の手持ち資産はだいぶ減ったんだけど、これでNZDを小分けにナンピンしていく計画を作って指値の注文も出してしまったので、とりあえず今回の金融市場大混乱が一段落するまで、僕がやることはもうないのだ。さて混乱収拾にどれだけの時間がかかるでしょう。数週間? 数ヶ月? あるいは数年? その間に、NZDはどこまで下落するでしょう。現在は63円ぐらい。これが60円で下げ止まる? それとも50円まで下げる? あるいは40円まで行っちゃうの?

 今回の市場混乱や世界的不況は世界的規模のことなので、ニュージーランドの通貨だけが半分の価値になるなんてことはまずあり得ないとは思う。株の場合は業績不振や不祥事などで会社が倒産すれば、株券の価値がゼロになってしまうことがあり得るけど、通貨は常に流通しているものだから価値がゼロになることはない。だからまあNZDの値が下がったとしても40円までは行くまい、と信じてのナンピン計画。ここ10数年での最安値は2000年の41.97円だ。とりあえずはこれがひとつのメド。

 これより下がってロスカットされるようなら、それはもう笑って諦めるしかない。どうせこれまでに失った資金の方がずっと多いのだ。ナンピン計画で底値を仮に拾っても、NZDが100円になった程度じゃこれまでの損失は埋め合わせられない。スワップポイントでちびちび金利収入を得たとしたって、これまでの損を全部埋めるには30年以上かかる。そんなのまるで、現実的な話じゃないだろう。

 今は市場の混乱を待ってるだけ。資金を全部引き揚げてただの傍観者になるのではなく、少しでも資金を入れて参加者としての立場を守ってるだけ。下げ相場でナンピンしてるわけだから資産には既に含み損が出ているわけだけど、ここで赤字の増減を毎日チェックしているのが、とりあえずは今の僕にとってのFXというわけだ。

12:05 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.07

世界恐慌の始まり?

 昨夜のロンドンとNYは大荒れで、株が下がったのに合わせてクロス円も大幅な下げ。強烈な円高旋風がFX参加者をきりきり舞いさせた。終値を見るとドルは金曜日の105.24から101.73に3.51円の円高なのだが、この間に最安値の100.25というのを付けている。もうじき100円を割り込む水準で、なんとかかんとか持ちこたえていたという話。下落著しいのは他のクロス円の方が激しく、ユーロは145.09から137.68で5.1%の下げ、ポンドは186.83から177.48へ5%の下げ、カナダドルは97.28から92.39へと5%の下げ、豪ドルは81.40から73.46へと9.8%も下げてこの日の一等賞、NZDも69.72から64.65へと7.3%下げている。

 株も大きく下げていて、その分のお金は市場から消えてしまったわけだが、為替の場合は互いに売ったり買ったりで、一方が下がれば一方が上がる。今回のドル下げ、クロス円下げも、反対から見れば「日本円の高騰」ということになる。日本でFXをやっている人も、この機に乗じてクロス円を売っていれば、この日1日だけで笑いが止まらない大儲けができたのだ。

 僕は先々週から先週にかけてポンド円が190円を割り込んだとき、運用資産を大きく減らして一時撤退。そのため今回の大下げでも、まったく損害を受けていない。スワップ用にNZDを買っていこうと思っているので、円高でNZDの値が下がるならそれも大歓迎。現時点で69円、67円、65円と買い下がっていて、今後は50円前後まで買い下がっていく準備をしている。もっとも資金がほとんどないので、1,000通貨単位での取引だけどね。(このナンピン計画では、トレンドが転換してある程度値が戻すまで、口座の損益はずっとマイナスになる。)現在NZDは63〜64円台をうろうろしているけれど、数日内に再度下値を押し下げる動きがあると考えている。それが今日の夜になるのか、それとも明日になるのかはわからないけれどね。

 現在の金融市場の動向は「大恐慌の始まり」かもしれない。たまたまFXをやっているおかげで、その瞬間に傍観者ではなく参加者の立場で立ち会えることは、はたして幸福なのか不幸なのか。

10:47 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.03

円高進行

 今朝起きたらNZDは69円まで落ちてました。昨日70円でエントリーしたばかりなのに、いきなり1円の円高。NZDと相関性が高い(同じような値動きをする)と言われている豪ドルは、今年の最安値を更新中。NZDも同じように下げていく可能性を考えて、昨日入れた67.25の注文と68.00の注文を取り消し、今年最安値(67.17)より下の67.00で指値注文を入れ直す。とりあえず0.1枚。アメリカの金融安定法案がどうなるか知らないが、ここしばらくは金融市場が不安定だろうし、遠からずこの値段に差し掛かることが十分に想定できるのだ。

 手持ちのポジションがロングで0.1枚の場合、1円の円高で千円の為替差損が生じる。NZDのスワップポイントで1日14円入るので、2ヵ月半ぐらいあれば1円分の損は相殺される。ただしその頃には、さらに円高が進んでいるかもしれないけどね。67円で指値のナンピン注文を入れてるわけだから、もちろんそこまで円高が進むことを想定しているわけだけど。

10:48 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.10.02

NZDにエントリー

 ポンド円の急落(クロス円の全面安でもあるんだけど)でFX退場寸前に追い込まれましたが、これを機会に為替差益をスポットで取る作戦からスワップポイント狙いに方針転換。保証金とスワップポイントを比較検討した結果、ニュージーランドドル(NZD)で運用していくことにしてみる。レバレッジは2倍。外為どっとコムだとレバレッジ2倍でNZDの保証金は1万通貨あたり25万円。既に資金はそれ未満なので、1千通貨単位での取引になる。とりあえず0.1枚(1千ニュージーランドドル)を70円ちょうどで指値注文。これが夕方にすっぽりとはまる。とりあえずこれでしばらく様子見だ。

 NZDは円高進行でいずれ60円前後まで下がると思う。だから70円を手始めに、今後は2〜3円きざみぐらいでナンピン注文していくつもりでいる。とりあえず9月半ばの最安値67.17がひとつの目安なので、これにスプレッド分8銭を加えた67.25で0.1枚を指値注文しておく。

 外為どっとコムにおけるNZDのスワップポイントは、現在1日あたり141円。0.1枚だと1日あたり14円だ。あまりにも小さいが、塵も積もれば山となるのがスワップ作戦だから、これはこれで構わない。それよりスワップポイントをため込むことで、保証金が積み増しされていくことの方が大切。

 スワップポイントは日々レートが異なるので今後も141円が続くとは思わないが、仮に1万通貨(1枚)あたり1日100円だとして、1ヵ月で3千円のスワップポイント。これは30銭分の値動きに相当する額だ。3ヵ月なら90銭。つまり3ヵ月で90銭の円高になっても、スワップポイントでそれが埋め合わされるという計算になる。1年なら3円60銭の円高でも大丈夫。3年なら10円下げても平気の平左だ。ただし実際には、為替はそれ以上の値動きをするだろうけどね。

 まあいずれにせよ、今後は長期戦・持久戦で行くしかない。もっともそれだけでこれまでの損を取り戻せるはずはないので、損を取り戻すことを諦めたという意味ではFXからの撤退なのかもしれないけどね。

10:30 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.09.30

ストップは入れておけ

 ポンド円の大幅下落で一夜にして31万円失ったわけですが、こうなった原因は「9月中旬に相場は底を打って上昇期に入っているし、今さらポンド円が190円を下回ることはない」という僕の相場観にあった。多少の材料があっても、相場の動きはそれを無視して相場独自の判断で動く。だから今回も底打ちから反発している相場と金融不安という材料が拮抗して、190円手前で踏みとどまると考えたわけだ。結局これは間違っていたわけだけど、問題なのは僕が自分の建てたポジションにストップ値を入れていなかったこと。「190円までは下がらない」と考えているなら190円でストップれておけばいいのに、それをしなかったためにロスカットや大幅赤字決済の憂き目。190円でストップ入れておけば、損失はあと5〜6万少なくて済んだのにね。

 結局FXではこれまでに87万円の資金を失った。残り資金は20万円だけど、これも少し減らしてリミットを100万円までにしておこうかな。いずれにせよ、今後もFXを続けるか撤退するか思案のしどころだ。相場が安定するまではどのみち手出しできないので、その間に今後の方向を考えようと思う。

 豪ドルが80円を割ったら、レバレッジ2倍で5千通貨ぐらいポジションを持ってもいいかな。これだと保証金はちょうど20万円。でもって、これはもうスワップ狙いで放置する。現在豪ドルのスワップは1万通貨で1日80円だから、半分の5千通貨なら1日40円。1ヵ月で千円以上になる。金利が多少下がっても、1年たてば1万円以上にはなるだろう。通貨変動リスクは、ロスカットレベルが50%の場合、保証金20万円なら半分の10万円分までの変動に耐えられる。5千通貨なら20円の円高まで大丈夫だ。

 結局FXはスワップ狙いが一番賢いのかもね。

07:22 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

金融パニックが起きている

 ロスカット食らいました。残りのポジションもとりあえず緊急避難で赤字決済。8月に資産を半分に減らして、今回のでさらにそれが3分の1です。トホホ。

 現在起きているのは金融パニックでしょうね。今の段階では誰も為替取引なんかやりたくない。だからリスクの高そうな通貨市場から資金を引き上げてる。

 欧州がやばそうなので、まずは欧州から通貨を引き上げた。だから欧州通貨が売られて円とドルが買われた。欧州通貨が下げたので、オセアニア通貨にも影響が出た。

 次にドルもやばそうな気配が出てきた。だからドルが売られた。残りは円しかなかったから円高。つまりクロス円の全面安ということになった。円に特別な魅力があるわけじゃなくて、円に特別なリスクが見あたらなかったから買われただけ。

 いずれは円からも資金が他所に流れて平準化し、現在の円高は沈静化していくんじゃないでしょうか。ただし市場における資金の流通量が少なくなって、不安定でもろい相場になるように思いますけどね。

 資金は今後、原油、金、穀物などの商品市場に流れ、再び原油高、金高、穀物高になっていくような気がします。日本はしばらく円高に相殺されてこれらの影響が緩和されますが、相殺幅などたかが知れていますから商品は軒並み値上げになります。既に金の価格は上がっているという話です。原油もまた上げるでしょう。

 諸外国は自国通貨の下落で輸入品の値段が上がり、さらに燃料費や食料品も大きく値上げして大規模なインフレ。消費者の購買行動が抑制されて小売業は大打撃でしょう。経済がどんどん萎縮して景気はどこも後退していきます。

 アメリカで金融安定化法案が否決されたのは、「ウォール街救済」に反対する選挙民に対する国会議員たちのポーズだったのかもしれません。でも具体的な手を打たずに放置すれば金融不安は加速します。それで一番困るのはウォール街よりむしろ一般の企業経営者や消費者。いかにアメリカ国民がバカでもしばらくすればそれがわかるはず。法案は修正するなり何なり形を変えて、いずれ議会を通過するでしょう。

 でもそれにどれだけの時間がかかるかはわからない。どれだけ時間をかければ、アメリカ国民が法案の必要性を認めるのか。バカなアメリカ人が「いくらなんでも手を打たなきゃまずい」と納得してくれるまでに、どれだけの銀行や保険会社がつぶれ、どれだけの企業や個人が倒産破産し、路頭に迷うことになるのか。

 FXにしろ他の相場商品にしろそれ専業でやっている人は、相場が上がろうが下がろうが関係なく儲ける方法はあります。でも他に本業を持ちながらFXをやっている人たちは、今後自分の本業の方を心配した方がいいかもしれませんよ。

 世界の景気は間違いなく後退しています。欧州がダメで米国もダメ。各国が軒並み「リセッション(景気後退)」を口に出してますから、これはいよいよ、本当の本当に景気がダメになっているのです。そんな中で日本だけが、のほほんとしていられるはずがない。日本もそう景気がいいわけじゃないけど、今後はより悪くなります。

 円高と原材料値上げで工業製品の輸出は大打撃を受けます。自動車、家電、鉄鋼、繊維、日本の基幹産業はのきなみダメになる。外国から金が入ってこなくなれば、日本は一体どうなるでしょう。

 僕も今回FXで小遣い銭の大半を失う大損害を受けましたけど、これはそういうレベルの問題をはるかに超えた話かもしれない。我々は21世紀になって初めての「世界恐慌」が、今まさに始まる現場に立ち会っているのかもしれません。

05:37 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.09.29

週またぎのスリル

 先週末にポンド円を5枚決済しないまま持ち越した。194.89が3枚と193.58が2枚だから平均値は194.366。先週末のNY終値は195.65。土曜日の朝早くに起きて決済しておこうと思いながら、ちょっと寝坊して決済しそびれていた。とりあえず週末にアメリカの金融安定化法案も大筋でまとまる気配をみせ、今朝は上に窓を開けてくるかと思ったら、なんと大きく下げて194.22からのスタート。週末は6万円以上の含み益が出ていたのに、今朝は取引開始になった直後からマイナス7千円。これがFXの面白さだけど、こういう丁半博奕はよくないね。

 ポンド円は金曜日に短時間で大きく値を上げたまま市場が閉じてしまったので、今朝は成り行きで決済した人が多かったのだと思う。じつは僕も、今朝は成り行きで決済しようと注文を入れていたのだ。危ない危ない。外為どっとコムの取引が始まる7時前に海外の状況を見て、注文を慌てて取り消した。その後値は戻って、午前11時時点で195円台の前半をうろうろ。とりあえず含み益は出ているのだが、これをいつ決済するかが悩みどころ。とりあえず196円近くまでは上げるかなぁ……と考えてはいるけれど、相場というものはどうなるかわからない。

 それにしても自分に相場センスがないと思ったのは、取引開始の段階で押目買いをしなかったことだ。194円台前半まで下げていることはわかっていたんだから、そこで高いレバレッジでもいいから即座に2〜3枚成り行きで買っておけばよかったのだ。僕の頭に「押目買い」という言葉が浮かんだ頃にはもう194.7ぐらいまで値が上がっていて、その後194.5まで下がったところでレバレッジ50で2枚ロングのエントリー。しかしこれはストップをせこく10銭ぐらい下に入れておいたら、朝飯を食う前にストップが確定してしまった。

 まあ2千円の損なんだけど、我ながらアホなことをしたものだ。せめて東京市場が開く時間までは、様子見しておけばよかった。仮に大きく値を下げてロスカットされたとしても、3万円ぐらいの損だったんだからね。まあストップを入れた時点で194.9ぐらいまで上げていたので、そこから50銭下にストップを入れてもひっかからないと踏んでたんだけど、だったら買値とまったく同じ値でストップを入れて損失が出ないことを確定しておくべきだったかも。

 何にせよ、まったくセンスがないなぁ……と、大した損を出しているわけでもないけど反省してる。

11:22 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.09.27

久しぶりにFXの話

 8月の円高・クロス円安に飲み込まれ、なけなしの運用資金から60万円近くが消失。9月に入って仕切り直し、コツコツと小さく利益を確定させながらマイナスを減らしてます。今朝はポジションを持ち越したまま、評価額ベースでマイナスを50万円以下にまで圧縮。月曜日に値が下がるようならこれはこのまま決済してしまい、値が上がるなら逆にあと数万円の利益を乗せられるはず。運用しているのはポンド円。動きが激しいので心臓には良くないのだが、短期間で大きく値を動かすので、デイトレにはいいみたい。何しろ1日に数円動くんでね。

 金曜日も2円半下げて、ほぼ同じだけ戻した。往復で5円。両方でうまくエントリーと決済ができれば、1万通貨動かすだけで5万円の利益になる。もっともそんなにうまく行くはずはないわけで、僕は3〜5枚エントリーして、最初は3万円を損切り、その後も下げ幅の上の方で再度3枚のロングポジションを持ち、下げたところで2枚ナンピンして、値が戻ったところで現在の評価額で6万円ぐらいのプラス。5枚持ってて6万円のプラスだから、1枚あたり1万円ちょっとの利益という計算。でもまあ、これはこんなものでしょう。

09:48 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.08.14

ポンド下落で全決済!

 昨日は「そろそろ下げ止まりだろう」と豪ドルとポンドを買っていたのですが、その数時間後にはポンドが猛烈な勢いで下落。これにたまらずポンドは決済。これでまた数万円の損失。さらに豪ドルも下げてきたので、これも処分してこれも1万円以上損してます。結局ここ数日だけで50万円ぐらいが消えてなくなった。チャートを眺めながら、その場その場の気分で取引していたツケ。この機会にチャート分析をちゃんと覚えなくてはと痛感させられた。

 高い授業料だったけど、このぐらいのダメージを受けないとチャート分析なんてしないもんな。全体的に相場が上向きの時は、チャート分析なんてしなくても何日か待てば購入額を上回る値が付くから素人でも簡単に利益が出る。僕がFXを始めたときが、ちょうど相場上昇の最後の方だったわけだ。ところが相場が下がり始めると、買い時と売り時を間違えると痛い目に遭ってしまう。タイミング良く決済することに失敗すると、損失が膨らんで手が付けられなくなる。さっさと損切りすればいいんだけど、上げ潮相場の時の感覚が残っていると損を出しての決済をしにくい。

 今回は相当の赤字になったけれど、これはこれで「いい勉強になった」と前向きに考えるしかない。今は相場が堅調に動き始めたら、これまでの損失を少しでも取り戻していかないとね。しかし資産額が減っているので、相場に投資できる資金も少なくなる。損するのはあっという間だけど、それを取り戻すのは大変だ。でも地道にやるしかないんだよなぁ。

 とりあえず週明けまで、大きな取引はストップだ。

11:11 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.08.13

今日はトータルでマイナス

 昨日の段階でショートポジションを取った豪ドルが思惑通りに値を下げて、今朝は5万円のプラス。しかしトータルの損が50万円近いので、これは焼け石に水だ。その後も豪ドルが下がると見て再度ショートポジションを取り、その後はこれであっという間に10万の利益を確定。欲をかいてさらにショートポジションで挑戦。だが相場は反転して、結局今日の注文分はトータルで1万7500円のマイナス。結局人間は、自分の期待するように相場が動くと勝手に決めつけてしまうのだなぁ……。

 その後しばらく様子を見ていたが、豪ドルとポンドの相場が堅調だと見てそれぞれに買いの注文を出した。これが一昨日ぐらいのレベルまで相場を戻せば、それだけで今回の損は帳消しになるんだけど、それほどうまくいくとも思えない。どうも相場は、自分が思ったのとは常に逆に動くような気がしてならない。もっとも思い通りに動いたときはそれほどショックを受けないので、これは単に自分の勝手な思い込みが生み出した幻想なのかもしれないけど。

 でも裏目に出るときは、何度も裏目に出るんだよな。もっとも昨日と今日とをトータルすれば、新規の注文分については3万円ちょっとのプラスなんだけどね。今日買いを入れた豪ドルとポンドはどうなることやら。注文した途端また下げてますけど……。

 まあこれは、1日か2日様子を見てみるつもり。今の値段は仮に値を下げたとしても回復可能なものだと思うし(また勝手にそう決めつけてるだけなんだけど)、ポンドやユーロがクロスドルで値を戻してきているので、おそらくクロス円についても追随すると思う。

 それにしても、FXで相場やチャートをにらんでいると、他のことがまったく手に着かなくなってしまって困る。ちょっと熱くなりすぎだな。相場が大きく動く時間帯はだいたい決まっているんだから、それ以外の時は他のことをしていればいいんだけど、どうしてもねぇ。

05:30 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.08.12

いろいろと決済

 持ちっぱなしになっていた豪ドル円、NZドル円、ポンド円などがどんどん値を下げているので、思い切ってすべて決済してしまった。これだけで45万9千円のマイナス。FXを始めてから少し浮いていた分もすっ飛んで、トータルでは37万7千円のマイナスだ。(どちらも千円未満を四捨五入。)今回は改めて、損切りの大切さを思い知らされた。この後、豪ドルはもっと下がると見て、10枚をショートポジションで新規購入してみた。ちょっとずつでも、マイナス分を取り戻していかないとな。

02:16 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.07.26

FXの成績(1週目)

 昨日は朝からいろんな通貨をやり取りして、利益が出たり損失が出たりを繰り返しつつ、1日の終わりには今日の発注・決済分だけで39,400円の利益と7,400円の損失。合計すると32,000円の利益を確定させる。先日急激なドルの上昇でショートポジションを取っていたドルも、ドルが下がってきたことで次々に確定。これは小さく利食いしていたので7,274円の利益。結果だけ見ればこれはもっと大きく儲けられたはずなんだけど、こんなものを結果論で話しても仕方ない。それよりも、今週火曜日に100万円からスタートして、現時点で資産合計 1,047,174 円というのは我ながら立派なもんだ。

 

06:30 午前 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.07.23

今日は惨敗

 朝起きたらドルが思った以上に上げていたため、いい加減に上げ止まるだろうと追加の売り注文を出したところ、さらに値を上げていく。追加追加で売り注文を出し続け、気がついたときには(気づいてるけど)、最初に売り出した値より1円近く値上がりしている。こんなに急に値が上がったものはすぐに反落するだろうと思うと、これが下がらない。高原状態をじりじりと維持している。といっても、たかだか数時間なんだけどね。とりあえず今日はこれらのポジションを決済することもできず、数万円の含み損を抱えたまま終了。

 逆に成功したように見えるのはオーストラリアドルで、最高値の104.35円で売りを1枚入れている。これが少し値を下げているので、ドルの失敗が少しばかり相殺されているというわけ。ただしこれももっとスピーディに値を下げてくれないと、スワップポイントで利益が相殺されてしまう。いずれにせよ明日に期待して、今日は寝るのだ。

10:17 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.07.22

本日は5千円プラス

 昼頃に100万円からスタートして、いきなり7,800円のマイナスになってへこみましたが、その後ドルが下がったときに5枚ほど買って、最終的には5,300円のプラスで本日は終了。まだ少し指値で注文を入れているものがあるので、ひょっとするとそれらが夜のうちに動くかもしれないけどね。最初の7,800円マイナスは明らかな失敗なので、それさえなければ今日は1万円以上儲かったのに……と、たらればの話をしてもしょうがない。失敗は教訓として後日の糧にするのだ。

11:15 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

短期トレードの準備完了

R0011103

 シティバンクから100万円引き出して外為.comの短期トレード用口座に入金。お金があると少し動かしてみたくなるので昼頃からちょこちょこと売り買いしてみたが、いきなり数千円の損失を出してしまった。あらら〜。思惑と違う方に相場が動くとハラハラしてしまう。もうちょっと我慢強くならないとダメだな。

05:12 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008.07.21

やっちまったな〜!

 カナダドルが何日か値を上げ続けているので、そろそろ下がるだろうと売り注文を出したら、なんとその後もどんどん値を上げてしまった。まあ少なくとも何日か待ってれば、順調に下げに転じるとは思うけどね。同じ口座で運用しているニュージーランドドルにある程度の含み益があるので、トータルするとその利益分を食ってトータルで+−ゼロといった感じ。

 ウーム、しかし資金が少ないのはやはりウィークポイントだ。カナダドルの上昇がそろそろ天井なのはわかっているのだから、資金に余裕があれば値が上がったところで売り増してマイナスを挽回できるのにな。今週中に銀行口座からFX口座に資金を振り替えなければ。

10:52 午後 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック